コンプライアンス、コーポレートガバナンス、監査、たばこ産業、民営化、地域金融監督、法改正等の経験を有し、お話できます。

  • 小売/飲食/生活
  • 経営/管理部門
  • 経験内容

    具体的な経験の内容

    日本たばこ産業株式会社における常勤監査役(6期決算)、日本取締役協会事務総長3年、人事院公平審査局長等5年、財務省福岡財務支局長2年、財務省課長・室長等幅広い経験を有します。

    実績や成果

    改革期JTの6期決算の監査役、法令遵守問題、政府出資企業の民営化、地域金融機関の再編、外為法改正、旧国鉄長期債務抜本処理等を担当しました。

    そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

    問題を先送りせず、タブー視されていた前提を打開(法改正、将来債務の認識と赤字決算、債務の引き受け、公的資金導入と銀行統合、問題発生の迅速報告と再発防止改善策等)し、後戻りしない真の抜本処理をその都度進めました。

    業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

    たばこ産業

    関連する論文やブログ等があればURL

    著書「1998外為自由化とビッグバン」、「九州金融経済事情」、「改正外国為替法Q&A}等

    お役にたてそうと思うご相談分野

    コンプライアンス、コーポレートガバナンス、監査、規制、民営化企業、たばこ産業など。

    期間
    1976年 〜 2019年頃

    概要

    日本たばこ産業株式会社で計8年、内直近の常勤監査役6年、以前勤務の財務グループ副責任者で2年、一般社団法人日本取締役協会事務総長3年、財務省28年、人事院5年という職歴を有し、特に、改革期グローバル企業における常勤監査役の経験、コーポレートガバナンスにかかる知見、民官、国内地方、海外(スイス、豪州)にわたる幅広い経験を有します。これまでの経験と知見を活かすことができれば幸いです。

    職歴

    開示前(決済前には開示されます)