急性期病院・医療介護施設における看護業務のマニュアル作成・整備・電子カルテ導入、看護師スタッフ指導についてお話できます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 病院経営

係長就任以前にはスタッフとして、骨髄移植などの導入についての看護マニュアル作成やクリニカルパス作成、集中治療部では低体温療法のマニュアル作成にあたりました。また、看護師指導のための病棟内ラダーの作成も行いました。



看護師としては血液内科、集中治療室、循環器科、心臓カテーテル、脳外科、未熟児科、消化器内科、消化器外科、乳腺外科などの経験があります。在宅医療との調整や褥瘡対策も行いました。



ランドマークのコーススーパーバイザーを5年間勤めました。



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
5年前に看護係長就任当時から電子カルテ導入に向けての準備を行い、3年前に導入に至りました。それに伴ってマニュアル作成・記録物整備・クリニカルパス整備と作成・スタッフの操作や実務への指導を企画・主導しました。また、電子カルテ導入にともなって看護診断の導入も行ったため、記録物の整備やスタッフへの指導も行いました。2年前にはパートナーシップ制度という業務形態を導入したため、それに関しての業務マニュアル作成や指導を行いました。



■ どちらでご経験されましたか?
大阪赤十字病院



■ その時どのような立場や役割でしたか?
看護係長でしたので決裁権限はありませんでしたが、実務を行いながら管理業務を行う立場としてマニュアルのアイデアや病棟導入プラン・スタッフ指導のプランのほとんどは私が提案・企画・主導しました。



■ 一番誇りに思う成果はなんでしたか?
電子カルテ導入の際には古い病院だということもありペーパーレスにかなり抵抗があったのですが、私の病棟では病院で最もペーパーレスを進めることができたと思います。それに加えてマニュアルの見直しを行うことでかなり病棟のコストダウンにつなげることができました。
パートナーシップ制度の導入では院内でも先駆けて導入したため、モデルとして病院看護全体のけん引役となることができました。また、この制度の導入にあたって業務の効率やスタッフ指導を大幅に見直すことができました。



■ どんな人にアドバイスを提供したいですか?
看護や介護の分野に新しく参入される事業者の方や、何か新しい制度を導入したりマニュアルを整備したいと考えている看護・介護分野の管理者の方にアドバイスを提供できると考えています。また、女性が多い職場の管理者の方にも女性スタッフをまとめる立場としてアドバイスができることがあると思っています。



■ 一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?
看護師は多くが女性であり、働きながらプライベートを充実させるには仕事を効率化したいと考えている反面、クライアント(患者や家族)に対して手を抜けないという考えがあったり、女性的なエモーションやモチベーションで仕事をしてしまうところがあります。その非効率さを排除するために、それぞれのマニュアルの見直しには徹底的に無駄を見直しました。新しい制度の定着にはスタッフたちを指導するとともにスタッフのエモーションを理解しながら必ずうまくいくと勇気づけ続けることが必要でした。



■ この分野は今後どうなると思いますか?
在宅医療が発展することで小規模の事業者も増えると思いますが、規模の如何にかかわらず、効率的に均一で高質なサービスを提供するには、小規模であっても患者情報を系統立てて理論的に管理することが必要になると思います。
 スタッフも満足して効率的に働ける環境を整えるためにも、カルテやマニュアルの充実が必須だと思います。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

大阪赤十字病院 / 看護係長


奈良県立奈良高校、北海道大学農学部林学科卒業。 農林漁業金融公庫で貸付業務・貸付審査用テンプレート作成・広報などの業務を行い3年勤務で退職。 大阪赤十字看護専門学校に入学・卒業し看護師免許を取得。 大阪赤十字病院に16年間勤務、うち看護係長として約5年間勤務、認定看護管理者ファーストレベル取得、赤十字認定看護管理者ファーストレベル取得。 血液内科・消化器内科・放射線科混合病棟→集中治療部→消化器外科・乳腺外科・循環器内科混合病棟で勤務し、2015年3月退職。 現在は学校関連の看護師として障害児のケアと指導にあたっています。 業務ガイドライン・マニュアル作成歴;固定チームナーシング、パートナーシップナーシング、電子カルテ業務 看護マニュアル・クリニカルパス作成歴;血液内科(末梢血幹細胞移植・ドナー・骨髄移植・臍帯血移植・血液内科化学療法)、消化器内科(血管造影、内視鏡治療、化学療法)、消化器外科(食道癌、胃癌、肝臓癌、胆のう癌、大腸癌、直腸癌、すい臓癌、化学療法)、乳腺外科(乳房切除術、化学療法、生検)、循環器内科(心臓カテーテル各種、狭心症、心筋梗塞、心不全)、集中治療部(低体温療法、脳血管障害、褥瘡) 集中治療部・消化器外科病棟で災害(大地震)対策ワークシート作成 教育・指導歴;看護学生指導、新採用・中途採用者指導、病棟内ラダー作成

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る