薬局M&A、事業承継の際にオーナー経営者が注意する点(仲介会社、対価、諸条件)についてアドバイスできます。

アドバイザー

氏名:開示前


社員数600人の薬局事業会社で事業部管掌取締役としてM&Aの買い手、売り手の統合(分離)作業を経験しました。
その後、他部署を経て、グループ全体のM&A担当者として売上30億クラスの買収をはじめ、複数のM&A案件に携わりました。
現場から経営層まで、またM&Aの案件初期からPMI、人給制度統合まで一貫して経験しているので、幅広いアドバイスができると考えます。
一番印象に残っているのは、自社が買い手ではなく、売り手になった際の経験です。
(守秘義務により詳細は控えますが)とてもつらい経験をしました。
それ以降、私は買い手担当者として働く際にも売り手の気持ちに立つことを忘れません。
買い手にとっては取るに足らないことでも、自分の人生を捧げてきた売り手経営者の方々にとっては
とても大切なことは結構あると思います。
何が重要で、大切かはM&Aの場合にはしっかり言葉にして伝え、必要あれば契約書にまで
落とし込むべきです。

多くの経営者にとって会社を売るのは初めてだと思います。仲介会社選びから対価の付け方、諸条件の設定まで
M&Aでは多くの意思決定が必要になります。取り扱う金額も極めて高額になりますので、ほんの些細なことが大きな影響を及ぼしかねません。是非、アドバイスをご活用いただき、しっかりとした準備のもと、ご納得いただける承継を実現してください。

当然ですが、相談者、相談内容その他、一切は守秘義務のもと他者に漏れることはありません。
ご安心してご依頼くださいませ。

■その他
地域: 日本国内
役割: M&A買手法人取締役、M&A交渉担当者、PMIリーダー
規模: 事業会社として社員数600人、グループ全体では4000人

プロフィール 詳細を見る


氏名:開示前

北海道富良野市の調剤薬局に薬剤師として勤務。経営コンテストでの成績が認められホールディングの西日本部長に転じる。その後、関西の事業会社へ取締役として出向。ホールディングに復帰してグループの新規事業企画を担当し社内にジェネリック医薬品メーカーを立ち上げ後、経営企画部に異動。M&A担当として2年間勤務。2019年9月より独立して、自身の薬局を開設。また独立希望の薬剤師へのM&A案件仲介、創業支援を目的に合同会社YAKUDACHI設立、代表就任。


職歴

合同会社YAKUDACHI

  • 社長 2019/9 - 現在

メディカルシステムネットワーク

  • 経営企画部次長 2016/8 - 2019/8

株式会社フェルゼンファーマ

  • 信頼性保証本部長 2016/8 - 2017/4

株式会社共栄ファーマシー

  • 取締役事業部管掌 2014/6 - 2016/8

ファーマホールディング

  • 事業統括本部西日本担当部長 2012/1 - 2014/7

アポス

  • 薬局長 2009/1 - 2012/11

このアドバイザーのトピック

謝礼金額の目安

¥100,000 / 1時間

取引の流れ


似ているトピック