IE改善による、生産性向上、業務効率化についてお話できます。

アドバイザー

氏名:開示前


○ 生産革新推進室に配属
ITを駆使した、人・設備生産性向上、品質改善
●トヨタかんばん方式(JIT)により、余剰在庫を管理し、ライン回転率向上、LT短縮
●ワークサンプリングによる、人の稼働率、設備稼働率調査 → 閑視把握 → 工数適正化
●ビデオによる作業内容調査 → 作業効率改善※ 動線改善、作業手順改善、作業負荷軽減
●作業環境改善 → PC設置、作業台改造、備品設置
●自動欠陥分類システムを使ったインライン品質検査
により欠陥発生のメカニズムを抽出・品質異常を特定→フィードバック→改善
◎5S活動推進 (改善件数 84件)
●資材管理、発注、検収
◆その他改善成果 ◆
改善108件 ・・・ 4580,0/K円(費用対効果)
≪表彰実績≫
・電子ペーパーと無線機により作業順位コントロール→仕掛、遅延を考慮したシステム構築
   本改善により下記成果達成
≪表彰実績≫IT品質改善、人生産性改善(優秀賞)
     → 効果 2億円
・本社(大阪)、メキシコに対して改善業務指導(IE手法)
   ・不良率削減についても実施(効果:64%削減)
 ・2017年度芦森工業グループ全体で改善1位受賞
   (半期賞1位3回、2位2回受賞)
   ・毎週(月曜)中小企業診断士の前でプレゼン → 現場視察、意見交換
 ・残業抑制の為、タイムマネジメント指導リーダー教育後、コミュニケーションを向上させ、定着率向上
 ・マシンタイムについてもIE手法で改善実施IE(マテハン)を使い物流改善実施
 ・利益率から見た、経営戦略伝授
・レイティングによる習熟限界から、サイクルタイムを削減
ECRS/4M/サーブリック/モダプツ法を駆使し実施
・多品種小量生産時の仕様切り替え段取りロスの低減実現
    ※ 生産計画を立案、段取り切り替えタイミング指導
・L/Tを短縮し、アウトプット増加更にはタクト改善による
 残業をも抑制
→ 翌日の先行生産と残業も削減 (納期順守率100%)
・工程能力(CP)バラツキを、作業標準化と必要性を徹底指導
    改善、CP値1.03以上を達成(再現性向上)
・IE手法を使い、不良率64%削減 → 品質(歩留り)向上
※作り直しによる費用及び、手直し工数について改善
・多種担当責任による、必要スキルの違いを考慮し
 適切な個別教育を実施し、離職率の低減と品質の向上
・IE(ワークサンプリング)にて正確な稼働率と無負荷を分類し
    無負荷率を(ECRS/サーブリック手法)にて削減
・故障率についても、MTBF、MTTRにてモニター&
改善依頼
  ※ 自身も設備Grでもあったことから、トラブル削減に尽力
    故障のバスタブ曲線(初期、偶発、摩耗期間)からも、
    初期故障は最も多く、偶発故障(安定期)早く行ける様に
    努力し、成果として減少しています
・ITの進んでない状況でのMTTR監視は精度に欠ける  
   →周波数(WIFI電波との干渉)を調査の上、ラダーを変更
詳細データの抽出と分析可能化(数分停止のチョコ停にも対応
・コミュニケーションの重要度の教育を各階層に実施、しかし、
  多女性の職場でもあり又、対人関係のこともあり、
 定着→成果が出るまでには時間を要する
・ヒューマンエラー対策・・・注意喚起と教育の徹底、工程の見直し
    KYT、労働/作業環境の改善、最後はコミュニケーション/連携、
  実務レベルで実践済→効果大

・ラインバランス(編成効率)からボトルネック工程を設定
  IE手法を使い多方面から、分析・改善を実施
・フールプルーフ(標準化とダブルチェック)とフェイルセーフの環境整備を実施した
結果フェイルセーフで前記しましたが、不良率64%削減に成功
・他・・・フライス盤、旋盤、コンタマシン、動力シャー等
     工具関係・機械はほぼ使用できますし、溶接、バーナー溶断
     低圧電気主任者、玉掛、監督士、労務管理士、職長安全衛生士も取得してます。よってこれらの技能で様々な加工・製作も実施
     現場に於いてもアドバイスが可能と考えております。

●設備グループ在職時のキャリア
 ・光電センサー、透過型光センサー、近接センサー、アンプ閾値調整
 ・シーケンサー、ラダーデータ転送・制御
 ・電源制御盤作成(シーケンサー、リレー、ブレーカー、電源等配線)
 ・スピードコントローラー調整・シリンダースイッチ調整
 ・カシメ圧力調整・操作ペンダントによるロボットティーチング
 ・ソレノイド(電磁弁)調整・PCを繋ぎ、故障個所検知
・レギュレーター調整・電流調整・HABU、L

■その他
地域: 山口県
役割: 生産革新、改善推進課、設備技術、生産管理、品質管理、工場長、管理監督職
規模: 1800名

プロフィール 詳細を見る


氏名:開示前

● 生産工程プロセスエンジニアとなり全工程を担当
(NEC山口工場内で1名の配属)
・ 異常品救済処置・工程内再生率低減(6.5%→3.2%)
・ 目視及び光学顕微鏡による外観仕上り品質確認
・ ダストカウンターを使った品質検査(清浄度、気流)
・ 電子顕微鏡検査SEMを使用し品質検査・改善(エッチング検査、真空蒸着検査を多用)      実施後更なる品質向上を目指し改善。中でも、波形アルゴリズムの解析・シーケンス適正化にて→ 品質不良率 15%改善達成
● IE改善、全国工場改善計画に参加
  → 全NEC工場で優秀賞受賞
・ 生産技術部に出向
→IT技術取得と共に、電子顕微鏡SEMにて品質解析・改善を実施、不良率10%の品質改善を実現
● 1990年 管理監督職に就くと共に、製造プロセス、生産計画
工程管理業務に従事(進捗・稼働率・仕掛調整)
● 1993年 管理監督職として部下70名の管理監督
(男性50 女性10名 派遣社員10名)
労務管理、人材育成教育、工数管理と作業配置指示、人事採用、考課(給与、賞与、職能等級)評価、予算管理、資材管理、部材受発注管理、品質管理指
導育成、新入社員受け入れ、派遣社員受け入れ
○ 生産革新推進室に配属
ITを駆使した、人・設備生産性向上、品質改善
●トヨタかんばん方式(JIT)により、余剰在庫を管理し、ライン回転率向上、LT短縮
●ワークサンプリングによる、人の稼働率、設備稼働率調査 → 閑視把握 → 工数適正化
●ビデオによる作業内容調査 → 作業効率改善※ 動線改善、作業手順改善、作業負荷軽減
●作業環境改善 → PC設置、作業台改造、備品設置
●自動欠陥分類システムを使ったインライン品質検査
により欠陥発生のメカニズムを抽出・品質異常を特定→フィードバック→改善
◎5S活動推進 (改善件数 84件)
●資材管理、発注、検収
◆その他改善成果 ◆
改善108件 ・・・ 4580,0/K円(費用対効果)
≪表彰実績≫
・電子ペーパーと無線機により作業順位コントロール→仕掛、遅延を考慮したシステム構築
   本改善により下記成果達成
≪表彰実績≫IT品質改善、人生産性改善(優秀賞)
費用対効果 2億円の成果達成
【品質管理】
・田口メソッド品質解析習得、KI品質解析法習得
不良率削減の為原因箇所特定→関係部門に改善指示
不良流出防止の為フールプルーフとフェイルセーフの確立
不良流出時の各部門への伝達・指示・原因究明(回収/検査)工程内不良率デイリー監視
【購買】
・予算管理と相見積の徹底、多社との応談により
購入金額コストダウン、購入金額による
決済承認の徹底とブランチショップの在庫適正管理
決算時に於ける自社の経営戦略から方針展開

●改善推進課へ配属
 ・IE手法を用いて、生産現場、事務セッション、物流等
  物理的及び意識的改善実施
  (タクトタイム・サイクルタイム削減・・・サーブリック/モダプツ法)
 ・経営コンサルタント先生と協業で改善にも従事
 ・海外(メキシコ)研修生への改善(IE)教育実施
 ・本社(大阪)、メキシコに対して改善業務指導
 ・不良率削減についても実施(効果:64%削減)
 ・2017年度芦森工業グループ全体で改善1位受賞
 (半期賞1位3回、2位2回受賞)
 ・残業抑制の為、タイムマネジメント指導
 ・リーダー教育後、コミュニケーションを向上させ、定着率向上
 ・韓国工場社員への改善(IE)教育指導
 ・マシンタイムについてもIE手法で改善実施
 ・IE(マテハン)を使い物流改善実施
(追記)
・レイティングによる習熟限界から、サイクルタイムを削減
(ECRS/4M/サーブリック/モダプツ法を駆使し実施)
※ 分析には、ビデオカメラ、ストップウォッチ(DM)使用
・多品種小量生産時の仕様切り替え段取りロスの低減実現
 ※ 生産計画を立案、段取り切り替えタイミング指導
・L/Tを短縮し、アウトプット増加更にはタクト改善による
 残業をも抑制
  → 翌日の先行生産と残業も削減 (納期順守率100%)
・工程能力(CP)バラツキを、作業標準化と必要性を徹底指導し
 改善、CP値1.33以上を達成(再現性向上)
・IE手法を使い、不良率64%削減 → 品質(歩留り)も向上
 作り直しによる費用及び、手直し工数についても削減
・多種担当責任による、必要スキルの違いを考慮し
 適切な個別教育を実施し、離職率の低減と品質の向上
・IE(ワークサンプリング)にて正確な稼働率と無負荷を分類し
 無負荷率を(ECRS/サーブリック手法)にて削減
・故障率についても、MTBF、MTTRにてモニター&改善依頼
 ※ 自身も設備Grでもあったことから、トラブル削減に尽力
 故障のバスタブ曲線(初期、偶発、摩耗期間)からも、
 初期故障は最も多く、偶発故障(安定期)早く行ける様に
 努力し、成果として減少しています
・ITの進んでない状況でのMTTR監視は精度に欠けるので
周波数(WIFI電波との干渉)を調査の上、ラダーを変更し、
詳細データの抽出と分析可能化(数分停止のチョコ停にも対応
・コミュニケーションの重要度の教育を各階層に実施、しかし、
多女性の職場でもあり又、対人関係のこともあり、
 定着→成果が出るまでには時間を要する
・ヒューマンエラー対策・・・注意喚起と教育の徹底、工程の見直し
 、KYT、労働/作業環境の改善、最後はコミュニケーション/連携、
 実務レベルで実践済→効果大
・フールプルーフ、フェイルセーフも実務経験あり
●工場長として工場運営全般管理(管理職)
 ・中途採用(書類選考、面接、採用、派遣社員も欠員補充採用)
  人事採用後の業務指導→各担当主任へ伝達・フォローと承認
 ・各主任の取りまとめ
 ・全社員の勤務管理・体調管理・衛生管理、品質管理
 ・稟議承認・作成、各種書類の承認
 ・各種提出書の承認
 ・適正工数算出・管理 → 不足工数把握と人事補充
 ・プラント管理指導
 ・経理担当者への出納等管理→必要性考察と資金確保、売上確認
 ・労務人事管理(社会保険・時短勤務並びに健康保険申請)
  勤怠管理
 ・全社員への資格取得指示(資格取得→年間計画策定)
 ・各主任からの報連相に対し、適切指示
 ・全従業員への社内ルール遵守指示と個別指導
 ・衛生面指導
 ・社内外苦情処理(製品、採用人事、処遇面等)
 ・来客(業者、人事採用対応と工場見学対応→質疑対応)
 ・工場全体の設備管理→劣化、補修、点検等
  現場確認、稟議対応と承認
 ・人事評価(プラクティス)
 ・人事採用の為の営業活動(職安様、派遣会社様)
 ・安全衛生管理 → 遵守管理と指導育成
 ・社内教育 → 品質、衛生面、規定、生産性、環境整備
 ・全従業員のメンタルケア(傾聴とコミュニケーション重視)
 ・売り上げ換算と翌日の作業計画確認
 ・工程表作成 → 物の流れとムダを掌握 → 協業により17%工程削減
 ・作業環境の改善と改善手法(IE)伝達・指導
 ・ラインバランス(編成効率)確認 → マシン動作待ちに作業補助15%改善
・ワークサンプリングにて実態調査(価値率14%向上)
・職種別に残業に大幅な偏り発生 → ムダ削除と工数最適化にて残業削減(12%)
・付加価値を生まない作業廃止 → 価値率向上達成(13%)

●産業心理カウンセラーとしてアドバイスできます。(ストレス・心理・うつ)


職歴

片山食品株式会社

  • 工場長 2018/9 - 2019/11

芦森工業山口株式会社

  • 2015/3 - 2018/9

NEC

  • 係長 1986/4 - 2015/1

このアドバイザーのトピック

謝礼金額の目安

¥30,000 / 1時間

取引の流れ


似ているトピック