韓国企業におけるデザイン開発について

  • 製造業
  • 新規事業/R&D
  • 経験内容

    10年間の韓国家電メーカーのデザインセンターでの経験について

    具体的な経験の内容

     一般家電製品のプロダクトデザイン(国内およびグローバル市場向け)
     ・携帯電話(ガラケー、スマホ、タブレットなど)
     ・白物家電(洗濯機、冷蔵庫、エアコン、空気清浄機、ロボット掃除機など)
     ・黒物家電(テレビ、オーディオなど)
     ・産業用ドローン
     ・工業製品、測定器など
     市場調査、コンセプト、プロトタイプ、量産

    実績や成果

     国内Good Design Award、海外Red Dot Awardなど受賞

    そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

     量産技術、使用性を熟知した、合理的で機能的なデザインを提案

    業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

     3Dプリンタによる多品種、小量生産
     国内主要試作会社、量産委託会社
     構造解析、トポロジー最適化、パラメトリックデザインなど、最先端のデザイン手法
     国内向けと海外向けのデザインの差別化

    お役にたてそうと思うご相談分野

     これまで技術主導で、”デザイン”を取り入れてこなかった工業製品について、デザインの力により、コスト削減、使用性向上、企業イメージ向上をお手伝いいたします。
     技術的な問題をデザイン的な視点から解決策をアドバイスいたします。
     目を引くだけの表面的なデザインではなく、製品の本質を見据えた、ロングライフデザインを得意とします。

    地域

    日本法人

    役割

    Principal Designer

    規模

    社員数93000人

    期間
    2000年 〜 2017年頃

    自己紹介

    Providing minimal, functional and reasonable product design in consumer electronics, furniture, miscellaneous goods, etc.

    Supporting your Good Design Award application from abroad.
    http://www.g-mark.org/about/

    職歴

    開示前(決済前には開示されます)

    他の経験