「大人のやり直し数学」についてセミナーができます

  • 教育
  • 営業/マーケティング
  • 経験内容

    具体的な経験の内容

    大学院でティーチングアシスタントをしていました。
    現在も港湾や海岸の設計などを通して土木や数学の魅力を伝えています。
    海の波、耐震、洪水解析などの面白さについて、数学を用いて伝えていました。
    海の波を数学することは人によっては未知の世界だと思います。
    数学嫌いだった人も、大人になって自由な世界が広がるともっと面白い世界が見えてくるはず。少しだけ数学の力を使って科学を見てみませんか?
    人数によって金額調整致します。気軽にお声がけ下さい。

    地域

    東京

    役割

    ティーチングアシスタント

    規模

    100

    期間
    2007年 〜 2009年頃
    関連する職歴
    • 中央大学大学院 流体力学(海岸工学)研究室

    概要

    【アドバイザー様へ】
    Noteにアドバイザー様向けのビザスクマッチングのコツを記載いたしました。
    案件受注にお悩みの方がいれば是非ご覧ください。
    https://note.com/lucis6926/n/n40085aa16df7

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    ◆スポットコンサルタントで115件以上の案件を受注・ビザスクにて103件(2021/2現在)
    ◆ビザスクアドバイザーとして雑誌の取材をお受けしました。
    ◆ビザスクWednesday(スポットコンサルの極意を学ぶ会)に登壇しました。
    (詳細:https://service.visasq.com/event/a/wednesday)
    ◇4社の企業技術顧問(計8社)をしています。
     ・大手電機メーカー
     ・大手通信企業
     ・耐震・構造物調査会社
     ・建設業向けITベンチャー 他
    ◇正社員を退き、業務委託、派遣、顧問契約などの形態で仕事をしています。
    ◇IT企業で建設業初の認定エバンジェリストとして仕事をしています。

    ≪経歴≫
     土木系の大学院で海岸工学の研究を行った後、大手マリコンにて勤務しました。その後大手建設コンサルタントにて勤務し、通算10年以上建設業界で仕事をしております。都市(港湾・河川など)計画などの上流工程から設計、施工、現場、維持管理に至る下流工程まで把握しているのが私の強みです。

    ≪コンセプト≫「建設業×異業種」異業種参入アドバイザー
     現在は建設業界参入手法についてのアドバイスや助力を行っています。マーケティングやブランディングの方法に加え、実際の営業アプローチ方法まで細かくアドバイス致します。
     土木系の業界や仕事のことなら幅の広さ、専門的知識は誰よりも自信があります。

    英語、海外の案件のお問い合わせも歓迎致します!
    ぜひ何かお役に立てることがありましたら、ご相談下さい。
    よろしくお願いします。

    ※得意分野
    建設業界全般
    陸上及び海上現場工事、施工計画(安全、品質、出来形、工程)、積算、維持管理、基本設計、実施設計、詳細設計など
    計画及び設計 河川(ダム)、砂防、港湾、空港、海岸部門、小水力発電など


    ※tag
    土木工学 海岸工学 海岸浸食 流体力学 水理学 工学 構造力学
    ゼネコン マリコン 海洋工事 海岸工事 水上施工 陸上施工
    ダム トンネル 護岸 桟橋 ケーソン 空港 コンクリート 電力 原子力発電 水力発電 橋梁
    建設コンサルタント 設計 計画 施工計画 積算
    ダム堆砂 水門 地下河川 河川堤防 河川護岸 取水設備 小水力発電
    材料 セメント 鋼材 ゴム製品 アンカー
    ICT i-construction 3次元CAD VR AR MR
    BIM CIM
    など

    I’m a civil engineer with 12 years' experience working for general construction and construction consulting companies. I specialize in water-related work such as designing hydroelectric power generation facilities, managing dam construction, and port facility design. I received a prize for seismic design from the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism through the company I was working for at the time.
    I decided to major in coastal engineering at university after meeting a professor who is renowned in the field. During the master’s course, we made field observations and analyzed coastal erosion. I have good memories of working in the laboratory for many days, spending all my time doing research. After graduating from school, I joined Penta Ocean Construction. As the name suggests, it is a company that specializes in marine construction. I’m not physically very strong but I was very happy to spend time working with the field workers at the general contractor. At the company, I gained experience in several construction projects such as dam building, the construction of port facilities, and tsunami (big waves) countermeasures for nuclear power plants. After that, I moved to a construction consultancy firm called Pacific Consultants. I made hazard maps for major rivers, and planned to build structures to channel the water underground or into control ponds when flooding occurred. They are usually used as parks or other ordinary public spaces, but in emergencies they turn into important facilities that protect people’s lives.

    職歴

    • 個人

      2018/11 在職中

    • 前田建設工業株式会社 /主任

      2018/6 2018/11

    • オリエンタルコンサルタンツ /係長

      2017/1 2018/10

    • パシフィックコンサルタンツ /技術主任

      2015/10 2016/12

    • 五洋建設 /技術主任

      2009/4 2015/9

    • 中央大学大学院 /流体力学(海岸工学)研究室

      2007/4 2009/3

    他の経験