ガス事業への進出に関する豊富な実務経験と許認可取得ノウハウ

  • エネルギー/インフラ
  • 経営/管理部門
  • 経験内容

    関西電力のガス事業への進出に関する実務を担当。
    LNG基地の建設にあたっては用地の取得、荷揚げ桟橋の取得等の課題を克服。
    関西以外のエリアにおいてガス事業への進出を計画している企業に対して許認可の取得をはじめとする実務上のアドバイスを提供可能。

    規模

    従業員数約2万人

    地域

    関西

    役割

    ガス事業への進出を担当

    期間
    2000年 〜 2012年頃
    関連する職歴
    • 関西電力 エネルギービジネス検討チーム課長

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    関電プラント / 法務担当部長

    プロフィール詳細を見る


    概要

    企業が法的問題に対処すべく社外の弁護士に事務委託する場合の実務的問題点とその解決方法、企業の社内における法務部門設置の必要性・重要性とその実現方法について経験とノウハウを有しています。

    電気事業者がガス事業に進出するに際して、初期投資額削減手法の検討、法的問題点の整理と解決等に関する経験とノウハウを有しています。

    職歴

    • 関電プラント /法務担当部長

      2014/10 2017/12

    • 関西電力 /エネルギービジネス検討チーム課長

      1999/6 2014/9

    • 関西電力 /燃料購買課長

      1998/6 1999/6

    • 関西電力 /所長室総括グループ課長

      1995/6 1998/6

    • 関西電力 /調査グループ副長

      1993/12 1995/6

    • 関西電力 /原子燃料計画課副長

      1991/6 1993/12

    • 関西電力株式会社 /法務サポートグループ担当者

      1985/5 1987/4

    他の経験