食品製造設備、装置及び機器の設計・開発の上流工程から製造フェーズまで含めたトータルなものづくりの方法をお伝えできます。

  • 製造業
  • 新規事業/R&D
  • 経験内容

    具体的な経験の内容

    ⒈【半導体製造装置のダイボンダ、ワイヤーボンダの開発設計】
    ⒉【コーヒー及びお茶兼用連続抽出装置の開発】
    ⒊【競合他社先行技術調査】
    ⒋【量産化設計装置の改良、維持】
    ⒌【食品工場の生産設備、機器の設計、コンサルティング】
    ⒍【食品工場の生産製造システムの企画・設計】
    ⒎【業務プロセス改善】

    実績や成果

    【半導体製造装置のダイボンダ、ワイヤーボンダの開発設計】
    ウエハー供給装置、リードフレーム供給装置の開発設計を担当、ボンディング方法の新技術導入による歩留り向上とスピードアップ化
    *歩留り:98%、ボンディングの高速化30%アップ
    担当メンバー:3名
    【ブラウン管、管球製造装置の開発設計】
    テレビ用ブラウン管の蛍光膜塗布装置を担当、蛍光膜の評価装置による工程内自動検査方法を確立、不良率を低減
    *工程内自動検査の実施:不良率1.5%⇒0.5%に低減
    担当メンバー:5名
    【コーヒー及びお茶兼用連続抽出装置の開発】
    S社(株)高砂工場に納入、原料有効成分抽出の効率化
    納入先要求:多品種連続切替の抽出装置と製造方法を確立
    担当メンバー:3名
    抽出装置の設計を担当
    【パイプレス製造プロセスの開発設計】
    タンク搬送システム(10トンタンクを自動搬送車AGVに搭載し適宜、設置ステーションに搬送)に用いる無菌自動着脱継手(プロセス液、用役、動力各供給装置)の新技術考案、製品化、関連特許14件、実用新案1件出願
    (株)M東北工場、関西工場に納入
    担当メンバー:4名 構想、設計リーダ担当
    【競合他社先行技術調査】
    開発テーマに関連する競合他社の先行特許並びに実用新案の調査、分析
    【特許事務所出願申請管理】
    社内新規考案権利化の申請
    【保有知的財産の継続年金管理】
    自社知的財産の継続の有無、管理
    担当メンバー:(チームリーダ:係長)2名
    【量産化設計装置の改良、維持】
    機械設計グループ
    量産化に向けた標準化、顧客要求仕様に基づく改良設計の指導、教育
    担当メンバー:(グループリーダ:課長)10名
    【社内製作工程の設計】
    生産技術グループ
    社内製作部品の加工工程設計の指導、教育
    担当メンバー:(グループリーダ:課長)10名
    食品工場の生産設備、機器の設計、コンサルティング】
    エンジニアリグ、生産技術課
    食品工場の新築・改修建物の生産機械設備の企画・設計・監理を担当
    担当メンバー:(プロジェクトリーダ:課長) 3名
    【食品工場生産ラインの構築】
    原材料の入荷から包装・出荷までの省力化、省人化設備・機器の選定提案、導入評価により最適化、標準化
    担当メンバー:(プロジェクトリーダ:課長) 3名
    【食品工場の生産製造システムの企画・設計】
    エンジニアリング システム設計部
    食品工場全体の生産工程、システムの企画・設計を管理
    システム設計部 部長代行 管理部門メンバー:7名

    業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

    食品業界については広く知見があります。
    省人化・自動化導入設備のサニタリ設計ノウハウや食品機械・装置のバイヤーの知見があります。

    関連する月刊誌寄稿

    【寄稿】
    *乳業ジャーナル(2007/7月号)特集「乳業用機器・衛生管理特集」
    寄稿名:「乳・飲料製造設備におけるコンタミネーション防止技術」
    *食品機械装置(2008/7月号)特集「飲料製造技術と品質保証」
    寄稿名:「飲料製造設備における高サニタリ化技術」

    お役にたてそうと思うご相談分野

    食品工場の設備、装置及び機器類の選定や導入計画、診断
    食品機械・装置の設計・開発から製造フェーズまでのトータルな指導
    産業機械などの省人化設備導入指導
    技術者育成コーチング

    地域

    神奈川県/東京

    役割

    設計・開発リーダ、プロジェクトリーダ、マネジメント、技術者育成、コーチング

    規模

    食品工場、乳・飲料工場など中小から大企業、社員数30名から100人以上規模

    期間
    1985年 〜 現在

    概要

    2020年 1月より技術士事務所を開設し兼業としていた業務を本格的に開始いたしました。
    食品・飲料工場に特有の問題点にも対応できる短納期化、コスト低減、生産性向上を支援するコンサルティングを行っています。また、人材教育・意識改革コーチングも行います。
    医薬品、化粧品などのケミカル系業務の案件経験があります。
    産業機械メーカーにて機構設計を10年、食品製造機械・装置メーカーで開発設計を20年、食品工場エンジニアリングメーカーで2年、精密部品メーカーで1年と技術職、管理職として30年以上の経験があり、成功も失敗も数多く経験しております。2008年に技術士資格取得登録以降は人材教育や意識改革の指導などにも多く携わりこれまでの経験を基に個人事業主として独立・開業をいたしました。

    職歴

    開示前(決済前には開示されます)

    他の経験