マンマシンインターフェース、センサー応用、VR

  • アミューズメント機器
  • 研究開発

経験内容

具体的な経験の内容

人の意志をコンピューター入力する方法として、単純なボタンやスイッチにもストロークやクリック感などが重要ですが、センサーを使用することでもっと多種多様な入力ができます。しかし、デバイスによりメリット・デメリットがあり、使いこなすにもコツが必要です。
ゲームは、説明が不要で扱えて、想像と違和感がない操作入力と、ミスのない確実性が求められ、使用環境も様々です。このような入力IFの開発経験は、自動車などあらゆる操作系にノウハウが有効です。
また、究極的なマンマシンIFとして、VRはかなり深く研究開発してきました。昨今の製品を見るにつけ、ようやく時代が追いついてきたけど、まだ私のノウハウのほうが先を行っているように感じます。
このような経験が求められる用途もあるように思います。

実績や成果

具体的には控えますが、各種ゲームコントローラー、センサーを応用した入力機器、画像認識、VR

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

例えばユーザー宅の不定な室内空間において、TVの前にいるユーザーが手に保持したモノの空間座標を、簡単に得る方法。
ユーザーは歩き回らないので、超音波センサー受信部を足元に置き、手には発信機を設けた。手の届く範囲は限定的なので、測定範囲は限定的。超音波はレスポンスが遅いが、短距離なので問題なし。
家庭内の超音波ノイズの測定と、家電品や警報装置やペットなどへの影響を検証し、実用に問題ないと判断。製品化を行った。市場では不良、問題は発生しなかった。

お役にたてそうと思うご相談分野

マンマシンインターフェース、VR、センサー応用、画像認識、自動化など。

地域

東京

役割

企画、研究開発、プロジェクトマネージャー、営業、事業立案、収支管理

規模

チーム10数名、クライアントは業界内外問わず、提案型企画から受託開発まで

期間
1988年 〜 2016年頃