自治体における健康な町づくりについてお話できます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 官公庁向け

少子高齢社会により、医療費や介護費などの社会保障費支出は、これから半世紀ほどの間、私たちの自治を大きく苦しめる最大案件です。人々が健康になり、PPK(ピンピンコロリ)と次世代に遺恨を残すことなくつないでゆくことは、現代社会に生きる大人の最大使命でありますが、それらを実現するには、市民や国民のヘルスケア・リテラシーに大きなギャップが生じています。その理由は、経済を重視する余りに、また効率化を唄い、人とひととのコミュニケーションを失わせ、社会が回らなくなっている事実を客観的に注視し、これまでの成長モデルと、人口減少によりシュリンクして行く社会を認め、ギャップをギャップとして理解し、改善する努力が必要です。
市民や国民の健康を第一に、活気ある地域づくりの為の健康システム推進を提案させて頂きます。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

文科省、経済産業省などの予算を活用し、5年の経験を有し、現在も某自治体に提案を進めています。

どちらでご経験されましたか?

仙台市や茨城県の行方市などをフィールドにさせて頂きました。

その時どのような立場や役割でしたか?

仙台市では国の事業としてのコーディネータ、行方市では外部委託事業者としてのコンサル業務を経験しました。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ


社員の健康、地域住民の健康や医療などに関する様々な課題を、大学や国研などの研究者と一緒に解決する仕組みづくりや、具体的な実行プログラムなどを産学官連携の仕組みの中で、ご提供させて頂きます。例えば、今月(Dec.2015)始まった企業のメンタルヘルスに関する取り組みを具体的に支援し、当該社員の治療や業務などの具体的なプログラムを、大学や国研の先生方と一緒に提案させて頂きます。同様に、自治体における医療費抑制に関する知恵や技術、方法を私たちのグループで持っています。具体的な成果もお示しできますので、是非、一度ご相談頂ければと思います。企業や社会の福利厚生に関する知恵や経験を豊富に有しますので、一度お会い頂ければ疑念が確信に変わると思います。

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る