学校むけクラウドサービスのプリセールス、カスタマーサクセス

  • システム・ソフトウェア開発(業務支援)
  • 法人営業

経験内容

・日本マイクロソフト株式会社(約1年) 職責:プリセールス(ソリューションセールス)
パブリックセクター統括本部、文教本部、営業部に所属し、Microsoft製品全般の技術営業を担当。
主に、関東圏の著名大学と教育委員会へのAzure、Office365の提案。
・ソフトバンクコマース&サービス株式会社(約3年) 職責:新規事業 課長
新規事業としてパブリッククラウドによる学校向けサービス&サポートビジネスを企画。
日本マイクロソフトと協業して、事例案件を作成。佐賀県多久市、大阪府箕面市にて首長レベルを巻き込んだ実証研究を実施。最終的に案件化させ正式導入。
https://www.softbank.jp/corp/set/data/group/sbcas/news/press/2018/20180126_01/pdf/20180126_01.pdf
・佐賀県多久市義務教育学校ICT化推進アドバイザー(約1年) 職責:カスタマーサクセス
サービス&サポートの一環として佐賀県多久市教育委員会のアドバイザーに就任。同期間中に「全国ICT教育首長協議会 2019 日本ICT教育アワードの総務大臣賞」を受賞。今年度からは個人コンサルタントとして継続。
・大阪府某市学校ICT化推進アドバイザー(今年度から) 職責:カスタマーサクセス
個人の教育ICTコンサルティング業として大阪府某市の学校ICT推進アドバイザーに就任。
【主な業務】
○ 学校現場におけるICT活用推進での助言
○ 他市町村との交流授業等における仲介・協力・助言
○ 教職員研修等における講師での協力(活用・情報モラル・リテラシー等)
○ 小学校低学年における1to1 実証・中学校1to1 実証等における助言
○ 全国でのICT教育についての動向等の助言
○ プログラミング教育の推進等における教育委員会への指導・助言等

地域

日本

役割

プリセールス、サービス企画、カスタマーサクセス

規模

自治体規模は市町村単位

期間
2014年 〜 2018年頃

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

TRONでの組み込みソフト開発4年
Windows向けパッケージソフト開発7年
Windows向けパッケージソフト開発のマネージャー5年
公教育機関へのプリセールス5年
学校ICT推進アドバイザー(2自治体)

ソフト開発のマネージャーとしては、企画、予算起案、部門間折衝、開発工程管理、品質管理、プリセールスまで経験し、最も経験があります。
その後、経験を活かしてハイタッチのプリセールスとして転職。
TRONでの組み込みソフト開発以外、一貫して公教育分野で仕事をしていますので、特化した分野経験と知識があります。

実例では、
・Microsoftのクラウドソリューションを中心に、クラウドの運用・保守サービスの企画
・事例とする自治体をターゲットし、実証研究を実施(大阪府箕面市、佐賀県多久市)
・実証をもとに実案件としてWIN(佐賀県多久市,大阪府箕面市)
・両案件とも首長レベルまでハイタッチ
・事例PR
https://www.softbank.jp/corp/set/data/group/sbcas/news/press/2018/20180126_01/pdf/20180126_01.pdf

https://www.city.minoh.lg.jp/edu-center/zyouhou/houdouteikyoutablet.html

日本が今後少子高齢社会を迎えるにあたり、IT技術は貧困の連鎖を断ち切り、グローバル社会で日本が生き抜くに必須の能力ですが、家庭の経済状況にてITに触れられない子供たちがいる。
この社会課題を解決する一つの手段が公教育分野での学習用情報端末一人一台整備であり、これを実現するためには現在の教育IT業界の構造を変え、クラウド技術などを活用して調達コストを適正化し、活用が進むようにサービス化をしていく必要があると考えています。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験