観光文化・各種業務関連そして 訪日インバウンド等

  • 医療/ヘルスケア
  • 海外ビジネス
  • 経験内容

    具体的な経験の内容  国土交通省観光庁

    実績や成果 JATA旅行業界勤務時 数件観光庁、政府観光局JNTO

    そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか  法人提案(観光立国他 インバウンド関連)

    業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無 インバウンド関連課題提案

    関連する論文やブログ等があればURL 国家対国家交渉他  Blog 現在 http://www.blog.goo.akibiz

    お役にたてそうと思うご相談分野   ppt

    企画提案

    地域

    日本、中国、豪州、欧米

    役割

    法人等開発、FIT各種業務(営業と業務 ;現地代理店販売、 視察研修等

    規模

    中国関連10名  豪州150名

    期間
    1973年 〜 2020年頃
    関連する職歴
    • 日本旅行業協会JATA 海外業務部部長、海外2000万人室部長
    • 観光文化ツーリズム㈱日中観光文化研究所(元日本旅行業協会JATA従事) 代表取締役

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    観光文化ツーリズム㈱日中観光文化研究所(元日本旅行業協会JATA従事) / 代表取締役

    プロフィール詳細を見る


    自己紹介

    現在の日常の業務としては オンラインにて 各会員及び海外顧客そしてイベント集客集めや 集客による内容の詰めを行っています。
    一番大変な 顧客との接続不法の説明なども大仕事一つです。
    が、 最も効果ある、 3薄効果(コスト、時間、効果そのもの)を追求し
    日夜業務を行っています。(協会として、 そして一会社として)。

    現在、最も注目される「訪日インバウンド市場」ですが、 40年近い旅行、サービス関連の業務に従事するとともに、日本旅行業協会にも在籍し、業界の状況などに深く関与。引き続き、2010年より業界の状況などをさらに深く調査するため、北京第二外国語学院大学旅游管理学部に留学し、2019年現在も在籍~2024年迄)。 インバウンド関連の需要が大きくなったため 観光文化ツーリズムなどを設立(起業し)中国側の企業複数社と別途ARI会社(中国、香港、台湾等の資源を流入)なども設立。 さらに、それらの業務を更に深めるため、日中友好協会(東京都日中 副理事長として)所属し、経済ビジネスクラブの代表として現在従事 7年目)。中国圏(東味)及び豪州オーストラリア、アセアン地区との折衝などに特化。中国内企業顧問2社、そして都内にて中国企業3社と合弁会社設立等。
    インドシナ5カ国及びシンガポール、インドネシア等計7カ国に対応

    職歴

    • 観光文化ツーリズム㈱日中観光文化研究所(元日本旅行業協会JATA従事) /代表取締役

      1973/4 在職中

    • アジアリソースインテグラ株式会社 /代表取締役社長

      2017/2 在職中

    • 北京第二外国語学院大学旅行管理学部 /研究生 2010年以降在籍

      2010/2 在職中

    • 日中友好協会(東京都日中) /副理事長、経済ビジネクラブ代表

      2012/6 在職中

    • 日中友好協会東京都日中友好協会 /副理事長、経済ビジネスクラブ委員会委員長

      2011/4 在職中

    • 北京微技科技有限公司 /顧問

      2010/7 在職中

    • 北京暇日国際有限公司 /業務顧問

      2010/2 在職中

    • 近畿日本ツーリスト株式会社 /部長、事業部長 提携販売部長、支店長他

      1973/4 2010/1

    • 日本旅行業協会JATA /海外業務部部長、海外2000万人室部長

      2004/4 2009/12

    • 日本旅行業協会JATA /部長

      2005/5 2009/12

    • KIEチャイナ㈱ KNT出向 /総務部長、訪日部長他

      2004/5 2006/5

    • 近鉄インターナショナルExpressオーストラリア /支配人

      2001/7 2004/7

    他の経験