食品・飲料工場の品質管理、生産技術、生産管理、人材育成など、また資材調達全般に関してお話しできます。

  • 製造業
  • 生産/調達
  • 経験内容

    具体的な経験の内容

    釧路工場勤務時代は品質管理や生産技術担当として実務を経験し新しい工場立ち上げにも参画しました。本社の資材部で購買戦略、サプライヤー戦略等を経験し、滋賀工場と徳島工場で購買計画の立案等も経験しました。工場長を経験し工場運営、人材育成を実施し、4工場の工場統括として経営・投資・人材育成を推進しました。工場の生産部員や資材部員の人材育成システムを構築しました。

    実績や成果

     飲料工場の製造工程の簡略化の構築により社長賞を受賞する。原材料のコストダウンにより50億円(10年間で購買金額の約3%)を達成する。工場長時代には過去最高の利益を達成する。工場統括時には独自の人材育成システム「寺子屋式人材育成」の構築する。

    そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

     資材時代は「肉から段ボール」までのアイテムの購入を経験すること及び物づくりからコストを見ることによりwin-winの関係を構築して信頼してもらった。生産担当時にトラブルが起こっても必ず原因はあるとの信念で解決していきました。

    業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

     飲料と食品にかかわる原材料メーカーや設備メーカーの方々と付き合い、原料では砂糖、包材では缶・瓶・キャップ・段ボールでは業界トップの方とも商談した経験があります。

    お役にたてそうと思うご相談分野

     資材調達に関しては食品・飲料分野で全般に関してアドバイスできます。工場で品質管理や生産技術の実務や生産管理や工場経営も経験しましたので食品や飲料工場運営に関してもアドバイスできます。それと人材育成に関してもシステムの構築や実施に関して相談ください。

    地域

    釧路市、湖南市、大阪市、徳島市

    役割

    資材調達業務は担当から責任者、製造責任者、品質管理及び生産技術担当

    規模

    社員数600名、8支店、4工場、2研究所

    期間
    1980年 〜 2016年頃

    自己紹介

    大塚食品株式会社で約36年間勤務し、品質管理や生産技術担当として新工場立ち上げにも参画し、資材部で購買戦略やサプライヤー戦略等を経験し、工場で購買計画の立案等も経験しました。工場長を経験し工場運営、人材育成をし、工場統括として会社の経営にも貢献し、独自の人材育成システムも構築いたしました。生産関係ではほぼすべての部署を経験しましたので種々の事項にお応えできると思います。長く経験した資材・購買に関しては肉から段ボールまで何でもお答えできると思います。

    職歴

    開示前(決済前には開示されます)