エンタテインメント業界におけるアニメーション、映画製作、プロデュース、タイアップ事業などお話できます

  • アニメ(エンタメ)
  • なし

経験内容

各社での経歴は以下の通りです。エンタテイメントビジネスのコンテンツ制作から流通、配信までの業務をカバーしています。映画・アニメーションジャンルに強みがあります。

資格など

3級知的財産管理技能士
青山ビジネススクール「グローバルマネジメント集中講座」修了

職歴

㈱レントラックジャパン(CCCグループ)

□1998年9月~2000年8月末
直営店舗TSUTAYA町田店(当時月商3,000万、スタッフ60名規模)にてレンタル・物販担当、本部施策を実験する店舗として運営する。
99年より1年間店長を経験。売上・仕入管理、店頭販促施策、店舗売上管理、外部折衝、テナント交渉や改装、スタッフ採用・教育と一連の業務を責任者として実施。
□2000年10月~2004年3月末
店舗の売却に伴い、本部営業本部へ異動。VHS/DVDなどの映像ソフトを流通するPPTシステムの法人営業・新規加盟契約営業を担当。関東・中部・北海道・東北エリアのレンタル店、TSUTAYA FC加盟店舗(地域大手法人)への商品提案、コンサルティング営業=SV業務を行う。
□2004年4月~2004年8月末
営業業務効率化の為、カスタマーセンターの設立に伴い、立ち上げの為異動。当時FAX等での受注であった受注システムの完全オンライン化移行、加盟店舗へのPC環境整備を実施。また、営業負担軽減のため問合せ業務の窓口化、加盟店向け商品情報メール配信の開始など、大幅な業務効率化を実現
□2004年9月~2005年3月末
大手法人向け営業部署ナショナル・キー・アカウントへ異動。中・四国エリアマネージャーとして法人営業、
TSUTAYA中・四国支店担当として、エリアにおける流通シェア・売上の拡大を行う
□2005年4月~2007年3月末
商品企画グループへ異動。
映像ソフトメーカー・コンテンツホルダー窓口として、商品流通・TSUTAYAと共同での商品仕入れ、店頭販促企画提案業務を担当。MDを担当
□2007年4月~2009年3月末
商品企画グループ内にアニメ・企画チームの設立。チームリーダーとして、ジャンル特化型の商品流通・販促企画を開始。ジャンル売上シェア拡大および、商品量確保の為のPPT流通を目的とした企画提案を行う。
同年、VHSメディアからDVDメディアへの在庫転換・アニメジャンルにおける商品構成強化の為予算60億の承認を得て、商品拡大施策を企画・実施。1,300店舗分の商品調達・店舗への配分・展開施策を実施する。
□2007年10月~2009年3月末
株式会社TSUTAYAへ出向。レンタル企画グループ・アニメチームの業務を兼務し、映像レンタル事業のTSUATYA本部業務も担当

カルチュア・コンビニエンス・クラブ㈱

㈱TSUTAYA、㈱CCCグループ再編により㈱CCCへ転籍
□2009年4月~2010年3月末
商品戦略ユニットへ異動。アニメーション・実写作品への出資・CCCのリソースを使用したタイアッププロモーション業務を担当。
出資による製作委員会への参加、プロモーション協力による映画・店頭の双方へのメリット作りを目的としたメディアミックス企画・プロモーションの実施。
[担当作品(出資)]
2010年「時をかける少女」(製作幹事:アニプレックス)
2010年「食堂かたつむり」(製作幹事:ミコット・エンド・バサラ、東宝)
[担当作品(プロモーション協力)]
2009年「サマーウォーズ」(製作幹事:日本テレビ放送網)細田守監督作品
2009年「レイトン教授と永遠の歌姫」(製作幹事:LEVEL-5、TBS)
2009年[攻殻機動隊S.A.C 3D」(製作幹事:プロダクションI.G)神山健治監督作品
□2010年4月~2011年3月末
商物流構造改革ユニットへ異動
商物流に伴う利益改善や商品導入スキームの改善、SCM導入など新スキームを開始。
平行してアニメグッズの商品企画・店頭での販売実験の開始、新規アイテムとしての扱いをスタートさせる(実験を元に後にアニメグッズ事業部化)
□2011年4月~2012年3月末
TCエンタテインメント㈱(TBSとCCCの共同出資、映像制作・映像パッケージ販売会社)へ出向
メディアグループにて、TBS映画・ドラマ等、映像作品への出資・パッケージ制作、MBS作品のパッケージ制作、アニメーション、スポーツ、キッズ向け商品企画を担当。
[主なメディア:買い付け及び、パッケージ担当作品]
※新規取り組み実績として、ジャンル扱いのなかった大人向けアニメ作品出資などをスタートさせる
・TBS:日曜劇場、「南極大陸」「華和家の四姉妹」
・朝日放送:プリキュアシリーズ、「スイートプリキュア」「プリキュアコンサート」
・TBSスポーツ:「マス

役割

3級知的財産技能管理士。コンテンツ制作プロデューサー、番組制作、宣伝・広報、タイアップ業務、サブスクリプションサービスの立ち上げなど

期間
1998年 〜 現在

自己紹介

エンタテイメントビジネスの映像コンテンツ制作から流通、配信までの業務を経験、カバーしています。大手メディア取り扱いFCチェーン店(1500店舗規模)の本部にてマーチャンダイジング・商品仕入れや全国販促企画を担当。TBS系映像パッケージ販売会社では作品のアクイジションや商品企画、オリジナル商品開発などを担当。日本テレビ系SVOD動画配信サービスでは、オリジナルコンテンツ制作(プロデューサー)映画などの製作出資担当、サブスクリプションモデルの会員獲得施策の企画、販促、ソーシャルメディア宣伝等を担当。映像コンテンツは映画・アニメーションジャンルに強みがあります。

職歴

開示前(決済前には開示されます)