化学系新製品のプランニング、開発手順、製品化プロセスについてお話しできます。

  • 化学(電子材料)
  • 商品企画

経験内容

具体的な経験の内容

新規半導体実装用電子材料、太陽電池モジュールの採光コーティング材、ガラスの高信頼性曇り防止剤、防汚コーティング材、撥雪塗料(進行中)、太陽電池モジュールの経時劣化防止コーティング材(進行中)、プリント配線板用超撥水コーティング材などを開発し市場に提案しました。多くは私が提案する前は市場に存在しなかった分野であり、材料開発よりも市場の創生が得意とする作業です。

実績や成果

一例を挙げれば半導体パッケージ実装の新しい方式を提案し、それを実現するための電子材料を自ら開発しました。本方式は様々な電子デバイスに採用され、材料の販売額は10億/年を超えることがありました。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

電子業界において材料メーカーがシステムの提案を行う事例はほとんどなく、如何にカスタマーが納得するデータを自分で取得するか、つまり市場での信頼をどのように得るかが最大の課題でした。そのため、評価ツールなども自作し、成功・失敗全ての結果に納得できる理由(メカニズム)を与えることで信頼を得ました。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

業界において新しい材料・システムを提案する為には業界のトレンド・問題点を知る必要があります。市場の要求が顕在化していなかったり、成功例のない市場を開拓する為には業界構造の熟知が必須です。

関連する論文やブログ等があればURL

電子材料については10年以上前の話なので論文もWEB上では探しにくいようです。
タイトルだけならば https://ndlonline.ndl.go.jp/#!/detail/R300000002-I4283846-00
撥雪塗料については新しい材料なので、
http://www016.upp.so-net.ne.jp/KIES/
をご覧頂ければと思います。

お役にたてそうと思うご相談分野

具体的製品は化学材料ということになりますが、本当にお役に立ちたいのは新規ビジネスの企画・立ち上げについてです。その中にはプロジェクト管理やマーケティング手法など数理的手法もあり、見えない問題点の予測と対応姿勢なども含まれます。

地域

日本(横浜、川崎、川口)、中国(上海、広州、蘇州)

役割

新規製品の企画・マーケティング・材料開発・評価・フィールドエンジニアリング

規模

拠点の立ち上げ~800人規模まで

期間
1994年 〜 現在
関連する職歴
  • 苏州浩纳新材料科技有限公司 技術顧問
  • 東ソーエフテック 課長
  • MORESCO 顧問
  • 中国科学院 顧問
  • 広州 Human Chemicals 顧問
  • ヘンケルジャパン マネージャー
  • 東芝ケミカル 課長

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

苏州浩纳新材料科技有限公司 / 技術顧問

プロフィール詳細を見る

職歴

  • 苏州浩纳新材料科技有限公司 /技術顧問

    2018/6 在職中

  • 広州 Human Chemicals /顧問

    2016/3 2017/10

  • 中国科学院 /顧問

    2015/5 2016/2

  • MORESCO /顧問

    2011/5 2015/4

  • 東ソーエフテック /課長

    2008/3 2011/4

  • ヘンケルジャパン /マネージャー

    2002/1 2008/2

  • 東芝ケミカル /課長

    1994/4 2001/12