業務を改善したい。事故やトラブル、事務ミスをなくしたい。なぜなぜ分析で解決しませんか。

  • エネルギー(石油開発・精製)
  • コンサルタント/リサーチ

経験内容

何度も同じような失敗をする。得意先からミスを指摘される。起業、独立開業してみたがどうもうまくいかないなどなど そんな経験はありませんか。
事業や仕事に失敗はつきもの。でも失敗は成功のもと。
失敗したときはその場を取り繕うだけでなく、きちんと失敗の原因を見つけて対策をとる。それを繰り返していけば同じような失敗がなくなるだけでなく、むしろそれがあなたの事業や仕事の強みになっていきます。
大切なのは失敗の本当の原因を見つけること。間違った原因に対して対策をとっても何にもなりません。
ではどうやって失敗の本当の原因を見つけるのでしょうか。
トヨタは工場で失敗が起こったとき、その失敗が「なぜ」起こったのか原因を調べるだけでなく、その原因の原因が「なぜ」起こったのか、その原因の原因の原因が「なぜ」起こったのか… 最低5回は「なぜ」を繰り返せといいます。これがなぜなぜ分析の基本的な考え方です。
このコンサルでは、貴方の失敗の本当の原因について、なぜなぜ分析を使って一緒に考えていきます。本当の原因がわかれば、その失敗が二度と起こらないような対策をとり、少しずつ業務を改善していくことができます。それは貴方の同業者やライバルが気づいていない方法かもしれません。小さな対策の積み重ねがあなたの事業や仕事の強みになるのです。
「失敗は金」 失敗したからといって落ち込まないで、失敗で強くなれると考えましょう。

例えば、以下のような問題

・店の売れ行きが落ちてきた。原因を追究して有効な対策を打ちたい(集客、販売)
・新入社員を募集してもなかなか人が集まらない。採用してもすぐにやめてしまう(人事、採用)
・新商品の開発がうまくいかない。開発しても売れない(開発、企画)
・顧客から急に契約を打ち切られた。同じトラブルの再発を防止したい(販売)
・事務処理上のミスが多く、顧客の信頼を損なっている(事務処理)
・対策をとったつもりだが、同じような品質不良が発生する(品質管理)
・工場で人身事故が発生した。二度と同じ事故を起こしたくない(製造、工場運営)

なぜなぜ分析の進め方

なぜなぜ分析は「なぜ」「なぜ」を繰り返すだけのとても簡単な手法です。一つの課題に対して4人~8人程度の関係者が集まってブレーンストーミング形式で行うのが一般的ですが、ひとりでやってもかまいません。
ただし、実際にやってみると「なぜ」がなかなか出なかったり、意見が対立したり、有効な対策が出てこなかったりすることがあります。
このコンサルではコンサルタントがゲストの皆さんが行うなぜなぜ分析に立ち会い、指導して有効な対策の立案まで指導いたします。(電話やスカイプを使っても可能ですが、詳細な分析は対面が必要です)

所要時間

2時間程度。(原因が分かりにくいテーマの場合は、必要な調査を行ったあと再分析が必要なことがあります)

具体的な経験の内容

石油業界で勤務時、発生する事故やミスをなぜなぜ分析で原因を追究し、対策を立てる「なぜなぜ分析」の方法を各製油所、事業所に指導。その後、同じ手法を事務処理会社や金属精錬、電子部品製造工場などに応用。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

なぜなぜ分析はトヨタで開発された技法ですが、現在は、さまざまな業種で実施されています。

お役にたてそうと思うご相談分野

製造業、サービス業、事務の分野にかかわらず、また、起業・独立開業段階、企画部門、人事部門、製造部門、販売部門などの分野にかかわらず、業務を改善したい、事故やトラブル、ミスを防止したいという企業・事業所のお役に立てます。
トラブルやミスはピンチではなく企業をよくするためのチャンス、むしろ宝物と考えましょう。

地域

国内

役割

コンサルタント/講習講師

規模

クライアント社員数 数十人~数百人

期間
2016年 〜 現在
関連する職歴
  • JXリサーチ(株) マネージャー
  • JXTGエネルギー マネージャー

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

IHテクノロジー(株)、技術士中小企業診断士事務所兼務 / 役員

プロフィール詳細を見る


自己紹介

大学では応用化学を専攻し、大学院修了後、三菱石油(株)に入社。エンジニアとして製油所に勤務しました。その後、会社は日本石油、ジャパンエナジー、東燃ゼネラルなどと合併して、現在はJXTGグループ(エネオス)という国内最大の石油、非鉄金属メーカーなっています。その間に、私は本社生産部や開発研究所、業界団体への出向、などの職務を経て、JXグループの内部シンクタンクであるJXリサーチ(株)に14年間勤務しました。
現在は同社を退職し、2019年4月からIHテクノロジー(株)の役員を務めています。
製油所勤務は3回ありますが、現場のスタッフ・管理職として数十名の部下を抱えていたこともあります。
研究所では主に燃料油やアスファルトの開発・改良、業界団体では燃料電池などの新エネルギーに関する調査、JXリサーチではバイオ燃料の調査やベトナム石油会社への技術支援を行ってきました。
2014年からは主にJXTGグループ社員を対象とした研修業務を担当しており、OJT、トラブル再発防止研修、品質管理、なぜなぜ分析、ISO内部監査員教育、事務処理ミス削減研修などの講師を務めてきました。
また、2002年にはビジネスコンサルタントの資格である中小企業診断士、2003年には技術コンサルタントの資格である技術士(化学)資格を取得し、中小・ベンチャー企業の製品開発、社内活性化などについてアドバイスを行ってきました。
2019年3月にJXリサーチ(株)を退職し、IHテクノロジー社の役員を務めるとともに、技術士・中小企業診断士事務所(タカギチ事務所)を運営しています。

職歴

  • IHテクノロジー(株)、技術士中小企業診断士事務所兼務 /役員

    2019/4 在職中

  • JXリサーチ(株) /マネージャー

    2005/4 2019/3

  • JXTGエネルギー /マネージャー

    1978/4 2019/3

  • JXグループ /マネージャー

    1978/4 2019/3

他の経験