一部上場企業(製造業)からスタートアップ、ベンチャー企業(社員40人程度)への転職についてお話できます

  • 自動車
  • 広報

経験内容

具体的な経験の内容

 31歳の時に一部上場企業(製造業)から、社員60人程度のベンチャー企業に転職。女性として今後の働き方や、キャリアプラン、自分の市場価値などを考えた上での転職でした。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

 大企業での仕事の仕方になれていた私にとってはスピード感、周りの巻き込み方、働く姿勢のPRの仕方などチャレンジの連続で、転職後一年間くらいは相当苦労をしました。再転職も何度か考えたのですが、自分が何をしたくて転職したか、集中する分野と切り捨てる分野の整理(やらないことを決める)、メンタルの持ち方など色々工夫して持ち直すことができました。

実績や成果

 ほとんど未経験の状態から、広報(社内向け、社外向け、メディア売り込み、メディアイベントなど)をマネージャーとして一人で対応できるようになりました。また、受けの広報だけではなく、コネクションのなかったメディアへの売り込みなども徐々にはじめ、テレビ、新聞、雑誌、ウェブなどでコンスタントに露出できるようになりました。

今、大企業からベンチャーへの転職を考えている方へ

 大企業との仕事の進め方、仕事内容、仕事量、チームビルディング、良かったこと悪かったこと、福利厚生など率直にお話しできると思います。また、レジュメや面接対策などのご相談にも乗らせていただきます。気軽にご連絡いただければ幸いです。

転職後、上手くいかない、こんなはずでは…と考えている方に

 私も一年くらい悩んでいましたので、同じ気持ちでお話がお聞きできると思います。
 その上で、微力ながら経験をお話できればと思います。

地域

関東

役割

広報マネージャー

規模

社員数40名程度

期間
2014年 〜 2017年頃

自己紹介

製造業(一部上場)でバックオフィス系業務を7年経験後、スタートアップ企業の広報担当として転職し、マーケティング業務、広報業務に関わっています。
ほとんど未経験の状態から、メディア売り込み、取材対応のノウハウを習得してきた経験、ウェブマーケティング(SEO対策、コンテンツマーケティング、SNS運営)についてお話できます。
また、日本の昔ながらの製造業から、スタートアップに転職して良かった点、苦労した点などもお話できればと思います。

職歴

開示前(決済前には開示されます)