半導体設計の流れと最適な進め方を説明します。

  • 半導体(ロジック)
  • 研究開発

経験内容

具体的な経験の内容

カスタムLSIを開発する際に、機能ブロックごとの回路規模は日々増大し、複雑化している。
長期の開発ステップの中でタイムリーな各種検証を行うための必要項目のツボを押さえ
確実に検証していくための必要なことを100以上のLSI開発の中で経験してきました。

地域

愛知県

役割

UNIXを使用してのレイアウト設計担当

期間
1989年 〜 2014年頃