外資系コンサルティングファームでの思考整理方法・資料の作り方・プレゼン方法についてお話できます

  • 経営コンサル・財務アドバイザリー
  • コンサルタント/リサーチ

経験内容

具体的な経験の内容

入社以来、外資系コンサルティングファームで基本となる問題解決や新規事業における思考の整理、プロジェクトに関わる人々の認識を合わせて実行するための共有プレゼン資料づくり、そしてクライアント幹部へ対面でのプレゼン等を日々行ってきました。

実績や成果

案件獲得、社内の教育、プロジェクトの認識共有などを幅広い業界のクライアントに対して行ってきました。
日本だけに限らず、海外でのクライアント経営層へのプレゼン(英語)も経験しております。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

働き始めた当初は納得感が少なかったりなど不完全なものもあったとは思います。日々の実践の中で、思考法も含めて、限られた情報と時間の中で最善の選択肢を検討する、またはトレンドや関連性の薄い情報をつなぎ合わせて新しい価値を考えるなど、情報を整理して他人を動かすために共有する力を築いてまいりました。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

高単価のコンサルティング業界ではメインストリームな思考法、資料作成の方法、プレゼンの方法であると認識しております。

お役にたてそうと思うご相談分野

・中期事業計画のサポート
・新規事業の企画づくり
・プレゼンの資料作成サポート等
*日本語および英語で対応可能です

地域

日本および海外

役割

経営コンサルタント

規模

グローバルで約30万人以上

期間
2011年 〜 2014年頃

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験