気管支喘息の検査、診断、治療、最近の動向など

  • 医療用品
  • 医療専門職

経験内容

気管支喘息の検査、診断、治療、最近の動向
(特に治療は重症喘息で近年新たな治療が追加になったり、COPD患者の増悪背景に喘息が併発している場合が臨床上も重要となっていることや好酸球性副鼻腔炎との関連性など、依頼者のニーズに合った近年の傾向をできる限り分かりやすく説明致します)

地域

静岡県

役割

呼吸器内科 医員

規模

病床約400床の総合病院

期間
2015年 〜 現在

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

現在呼吸器内科医員として臨床に従事しています。医師免許、歯科医師免許、大学院にて有機化学、無機合成化学(シスプラチン、カルボプラチン誘導体)の研究経験があります。
医学部、歯学部編入試験、進級試験、国家試験対策の個別指導や、医科疾患(主に内科分野)、歯科疾患に対する相談も可能です。

職歴

開示前(決済前には開示されます)