留学経験(語学学校、大学、大学院)についてお話できます

  • 教育(学校運営)
  • なし

経験内容

語学学校、ファウンデーション(大学準備)コース、大学、大学院の留学経験をお話できます。

日本の高校卒業後、留学前は全く英語ができませんでしたが(おそらく偏差値40台)、留学後にどのように語学学校で勉強し、大学卒業、大学院修了を実現できたかお話できます。

現在は外資系医療メーカーの管理職です。日本に帰国後の就職活動(28歳で新卒)、転職活動(4回)に留学経験がどのように繋がったか、繋げていったかお話ができます。

地域

オーストラリア・シドニー

役割

留学経験(語学学校、大学、大学院)

規模

1名

期間
2000年 〜 2008年頃

自己紹介

日本で高校卒業後、単身オーストラリア留学。中学・高校では部活動に熱中し英語は全くできなかったが留学後の猛勉強の末、シドニー工科大学卒業、シドニー大学大学院修了。日本に帰国後、10年間で転職回数4回、現在は外資系医療機器メーカーの品質管理マネジャー。
長期にわたる留学経験(語学、大学、大学院)、複数回の転職経験者としての転職成功事例(特に外資系希望者)、物流に関した情報共有ができます。

1社目は大手家具・インテリア企業の売り場・在庫管理担当、2社目はビジネススクールの国際交流担当。3社目以降は外資系企業の物流を主とした職種に従事。
3PLマネジメント、在庫管理、部品センター統廃合プロジェクトなどを遂行。物流センターの運用、倉庫作業改善の提案など高い実績を上げ社内表彰を複数回受賞。医療メーカー2社では物流エキスパートとしてWMS導入プロジェクト、システム管理チームのマネジメント、物流センターのKPI管理、後進の育成等多岐に渡る業務に従事。
論理的で安定感のあるコミュニケーションは周囲の信頼も厚く、プロジェクト推進のマネジメント役として高い評価を得る。また、自己研鑽のため、年間を通して物流講座やマネジメント講座を受講している。
複数の企業に勤め、適応力を磨くこともできているので、柔軟性をもって自分の力を発揮しコンサルタントとして貢献していきたい。

職歴

開示前(決済前には開示されます)