タイ進出およびBOI(タイ王国投資委員会)申請における実務、法務・税務・労務についてお話できます

  • タイ

経験内容

OVTA(一般財団法人海外職業訓練協会)国際アドバイザーとして、企業コンサル、セミナー講師を行っております。
日本とタイとの間を約1ヶ月ごとに往復し、常に最新情報をお届けいたします。
タイの情報は他国に比較して豊富ではありますが、基礎的知識を身に着けて、正しく方針を定めないと、のちのちトラブルが発生する可能性が高くなりますので、これから進出する企業のご担当者、または既に進出済みの企業の日本側管理担当者(役員)へのコンサルを重点的に行っております。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

アジア・ダイナミック・コミュニケーションズ株式会社代表取締役として、2003年タイのBOIコールセンター第1号投資奨励恩典を取得し202名の日本人の労働許可枠取得、その後さらに200名追加取得しました。
また、日本の鉄道事業者で使用されている「内田クレペリン検査」を2007年タイの高架鉄道会社へ導入し、現在はベトナム、インドネシア、ミャンマーへも活動を広げております。

どちらでご経験されましたか?

タイでの10年間に渡る法人経営、役所との付き合いの実績をもとに、2012年日本でコンサル企業を設立いたしました。

その時どのような立場や役割でしたか?

タイにおいては、代表取締役として企業経営をするだけでなく、役所(BOI、登記局、税務署等)へも自ら出向き、実務にも精通しております。

一番誇りに思う成果はなんでしたか?

2001年、タイ政府に「サービスの輸出による外貨獲得」を提唱し、投資奨励法の奨励業種に「外国語コールセンター」を追加していただきました。
「外国語コールセンター」は現在は「貿易ならびに投資支援事務所」に発展しております。

関連する論文やブログ等があればURLを教えてください

http://adc-japan.com/thailand/company/interview

どんな人にアドバイスを提供したいですか?

タイ進出担当者
タイ赴任者
タイ進出企業の日本側管理者(役員)

一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?

タイは外資規制が厳しい国です。
まずは外国人事業法を正しく知る必要があります。
タイマジョリティの合弁会社を設立しなくても、投資奨励法を利用したり、合弁契約を正しく結ぶことによって、乗り越えることができる場合があります。

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

アジア・ダイナミック・コミュニケーションズ株式会社 / 代表取締役

プロフィール詳細を見る


自己紹介

1968年、東京都生まれ。
1991年立教大学社会学部観光学科卒。
2001年、タイで初となる日本人スタッフによる日本向けオフショア・コールセンターの事業開放をタイ政府に提唱。
2002年10月にBOI(タイ投資委員会)新規奨励業種として追加が決定、2003年に事業を立ち上げ、150人体制まで拡大。
2007年タイ・バンコクを走る高架鉄道BTS社に日本オリジナルの心理テスト「内田クレペリン検査」を導入。
2012年4月に帰国、タイ進出コンサルティングサービスおよび東南アジア向けに内田クレペリン検査を提供するアジア・ダイナミック・コミュニケーションズ株式会社を設立。
タイの文化や歴史への造詣も深く、タイ事情全般に精通したコンサルタントとして、最新の実地アドバイスを行っている。
2013年6月、OVTA(一般財団法人海外職業訓練協会)国際アドバイザー登録。
タイ王国和僑会幹事。

職歴

  • アジア・ダイナミック・コミュニケーションズ株式会社 /代表取締役

    2012/4 在職中