【アウトソーシング】業務委託で、外資系企業にて業務用スキャナーの代理店向け営業(法人)をしました。

  • アウトソーシング
  • 法人営業

経験内容

【概要】
・営業代行なのでプロの営業として請け負いました。
・代理店向け営業の面白さと難しさがありました。
【学んだこと】
・アウトソーシングについて
└会社への所属意識
└評価制度
└労働単価と給与への関り
・業務用スキャナーについて
└専門性のある商品のPR方法
└マーケティング
・大手商社への代理店向け営業
└活動スケジュール
└オフィスの雰囲気
└PRの時間帯
└興味を持ってもらう方法

地域

関東(東京、埼玉、千葉)です。

役割

代理店向け営業のプレイヤーです。

規模

外資系企業で、日本法人は20名程度です。

期間
2014年 〜 2015年頃

自己紹介

栄養士の資格を取得後、IBMのパートナー企業にアプリケーションエンジニア(SE)として就職し、ERP事業部で社内パッケージソフトの開発・修正をおこないました。次は、大手の飲料業界で歩合制の飛び込み営業を経験し、表彰旅行にも連れていっていただきました。3社目は教育業界にて、学習塾や英会話スクールのFC営業部(フランチャイズ)で、社内営業・営業サポートを経験しました。4社目は、カメラ・スキャナーのメーカーで代理店向け営業を経験しました。5社目は、新規事業部にてノベルティ事業部とスーパーフードの事業部の立ち上げに関りました。6社目はベンチャー企業でSES(システムエンジニアリングサービス)やWeb制作の営業、人材紹介業などマルチに業務を任されました。そこでは会社の倒産も経験しました。現在は、Web制作のディレクター兼、営業として活動中です。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験