【ダイレクトリクルーティング】自社応募の求職者を3か月で80人集めた経験があります。

  • 営業/マーケティング
  • メディア
  • 経験内容

    【お役に立てそうな内容】
    ダイレクトリクルーティングの採用メディアを使った、応募者の母集団形成と採用
    【概要】
    2018年1月から2018年9月現在まで、ビズリーチ、キャリトレ、ミイダスなどのダイレクトリクルーティングの転職メディアを使って、優秀な求職者に対してダイレクトスカウトを行っています。
    【実績】(2018年1月~2018年9月17日現在まで)
    累計3000人以上の求職者の経歴書を見てきました。
    内定~入社済み人数:6名
    入社予定:1名
    内定:1名
    【課題】
    Web制作会社で勤務していますが、Webプロデューサー、ディレクターの採用に力をいれていました。
    ペルソナをつくり、彼らのカスタマージャーニ―(何を考え、何を感じて、どんな課題を抱えているか)を踏まえて、求人票とスカウトメールを作成しました。
    ダイレクトリクルーティングを使ったメディアにおいては、KPIの設定が重要であると感じています。
    スカウトメールの開封率、返信率、足跡数が挙げられます。
    【工夫】
    >ペルソナの課題の言語化
    →ペルソナに基づいて、求職者の課題を言語化し、刺激するような要素をいくつか盛り込んだ文面を作成します
    >KPI管理
    スカウトメールの開封率、返信率、足跡数の管理画面における数値管理が肝心です。
    足跡、開封率、返信率の順番でネックになり、これらによって、応募者数、内定者数が構成されます。
    求人票(タイトル含む)とスカウトメール(タイトル含む)においては、上記の数字が重要です。
    >ペルソナの先鋭化
    →実際にスカウトによって面談、面接に来てくれた応募者に対して、どの部分が刺さったかをヒアリングを行う。習慣的な面接フィードバックを行い、データを集積することで、相対的にどのような内容が刺さっているかを把握します。
    >候補者リストのブラッシュアップ
    →応募者で面談・面接を行った方々の経歴書の共通点などの抽出を行う。これらの共通点を持った、候補者をピックアップしてスカウトを行う
    >スカウトメールのブラッシュアップ
    →ペルソナの先鋭化に伴って、刺さっている部分の内容を膨らませ、さらに返信の確度を上げる。
    これまでにつくった採用におけるノウハウコンテンツがあるので、よろしければご覧ください。

    参考URL

    ・はじめての求人票をつくるときにおさえておくこと
    https://note.mu/takeru1991/n/nee23927de1b9
    ・スカウトメールは、求職者のピックアップが9割
    https://note.mu/takeru1991/n/nb5ed4f43bd16
    ・5日間で返信が来るスカウトメールにする方法
    https://note.mu/takeru1991/n/nbad8777b0859

    地域

    東京

    役割

    採用プロジェクトにおいて主体となって、ダイレクトリクルーターとしてダイレクトリクルーティングメディアを使って採用応募者を集める

    規模

    30名ほど。ナショナルクライアントとの取引多数。

    期間
    2017年 〜 現在
    関連する職歴
    • 株式会社SAL マーケティング事業部