クラウド、アナリティックス、モバイル(IoT)の提案と計画立案

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • ITインフラ(ISP)
  • コンサルタント/リサーチ

【職歴要約】
<日本アイ・ビー・エム株式会社> 1982/07 – 2015/03 (33年)
・北陸地区、中規模企業担当ITアーキテクトとして新規顧客開拓から、導入までを実施。
・関西地区の中規模企業担当として、各企業のシステムインテグレーション・ビジネス管理部門の責任者を務め、各企業のシステム化構想(予算・人員含め)を検討した。
・トラブル(システム障害)が多発した開発プロジェクトにPMとして途中参画し、トラブル収束に貢献した。
・SW事業パートナー・ビジネス(B2B)分野を担当し、下記SIerと共同で顧客へのビジネス展開を行った。
  東芝ソリューション株式会社
  新日鉄住金ソリューションズ株式会社
  三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
  株式会社NTTデータ
・SW製品の大規模障害に海外開発部門と連携して対応し、約1年で600以上のシステム障害を収束させた。
・下記企業にCloud、Analytics、Mobile、Security分野のソリューション提案を行った。
  JX日鉱日石エネルギー株式会社
  DIC株式会社(旧大日本インキ化学工業株式会社
  カシオ計算機株式会社
  横浜ゴム
  コニカミノルタ
  神戸製鋼
  ヤンマー
  ダイキン工業
<株式会社タカギ> 2015/11 – 2017/3 (1年4か月)
経営管理部・システム開発課 課長
基幹システム刷新
WEBシステム化のためのインフラ構築
クラウド化、ネットワーク刷新
テキストマインニング(Watson)導入
アプリケーション開発環境刷新(クラウド環境にOutSystems導入)
【主な職務経歴】
日本アイ・ビー・エム株式会社 1982/07---2015/03
○新ビジネスの立ち上げ・展開 <2013年 1月---> 2015年 3月>顧客担当
  JX、DIC、カシオ、コニカミノルタ、神戸製鋼、ヤンマー、ダイキン工業、他
・Cloud, Mobile, Data(Analytics), Securityの分野の連携による新たなビジネス展開を実施。
☆Cloud:
OpenStackをベースとした製品による、プライベート・クラウド、パブリック・
クラウドを連携させたハイブリッド・クラウドの展開。
☆Mobile:
Mobile Appを業務に活用するためのパイロット・デザイン実施手法を提案。
☆Data(AI):
データ分析による「気付き」を事業に繋げるためのデータ分析基盤を提案。
設備異常予知ソリューションと設備資産管理とを結びつける提案を実施。
保守報告書(ヒヤリハット)のテキストマイニング提案。
☆Security:
セキュリティー・インテリジェンスによる巧妙化する標的型攻撃への対応を提案。
以上

地域

東京本社、都内事業所、大阪

役割

現場経験、ITアーキテクト

期間
1982年 〜 2015年頃
関連する職歴
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社 担当部長

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

株式会社タカギ / 課長


今やビジネスは、ITとは不可分な状況にあり、Mobile, Cloud, Analytics(Data)といった、3つの技術分野は、最も重要であります。これら3つの技術分野の結節点に新たなビジネスは創造されると考えます。 一般的に基幹システムとそれ以外との関係で語られることが多く、Mobile,Cloud,Analyticsという新しい切り口で見直されることが少ないのが現状かと考えます。私は、この新しい切り口でビジネス(事業)を再発見する力こそが、今、求められる能力であると考えます。 特に、Mobile技術分野は、新しい顧客接点を創造し、身近で新しい顧客体験を実現し得るものです。Mobileデバイスは、24時間365日、60cm内に存在する、機能化され、ネットワークに接続されたものであり、人類が初めて手にしたものであると言っても過言ではありません。即ち、この技術を活用することは、企業にとって、必要不可欠だと考えます。 ここに、Cloudのインフラとしての柔軟性、持続可能性が支えとなり、AnalyticsによるMobile,IoTから生まれたデータによる未知の情報化(AI:分析、予測、予知)が、更にMobileでの顧客、従業員との接点に変革を与えます。 以上のようなビジョンを実現することに尽力出来れば、本望です。

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る