発達障害の子と親に関わる新規事業、新規サービスの開発支援ができます。

謝礼金額の目安(1時間あたり) 15,000

経験内容

  • システム・ソフトウェア開発(医療・介護情報)
  • 経営者

具体的な経験の内容

発達障害の子をもつ父として、障害のある方が作った製品の販売と、発達障害に関わるニュースを毎日お届けするスマホアプリ、Webの「たーとるうぃず」のビジネス、システムの開発から運営までを行っています。
発達障害のニュースの提供と製品販売のサービスとしてはご利用者数は日本最大のものとなりました。
たーとるうぃずのスマホアプリやAIアプリ、スマートスピーカーアプリも提供するなど、先端的なIT技術の活用を続けています。発達障害に関わるロボットサービス事業者やGPS端末事業者、保険会社様などともお取引させて頂いています。
また、私自身がアプリやシステム開発も行ってきただけでなく、海外の発達障害に関わるニュースを2年以上、毎日数百記事読み込んできたため、発達障害に関わる欧米の事情にも詳しいです。

実績や成果

たーとるうぃずの取り組みは、amazon様の特設ページ(Amazon Story)、毎日新聞全国版朝刊に記事掲載されるまでになりました。また、発達障害に関わるサービスや製品の広告事業も現在行わせて頂いています。

関連する論文やブログ等があればURL

https://www.turtlewiz.jp/
https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=5303729051

お役にたてそうと思うご相談分野

発達障害、知的障害の子と家族を顧客としたITサービス、事業の開発の支援

地域

23区内

役割

発達障害の子をもつ父として、日本最大級の発達障害ニュース提供と障害のある方が作った製品の販売を行うスマホアプリ事業を開発・運営

規模

Googleニュースの対象サイトであり、毎日新聞に記事として採り上げられたり、amazon様の特設ページで紹介されるような状況の発達障害ニュースサイトを開発・運営しています。

期間
2008年 〜 現在

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


国内最大のSI企業、国内最大のネットサービス企業で新規事業開発を約10年にわたって行い、今は起業して自分の会社で取り組んでいます。 新規事業の企画、事業検討、パートナー獲得から、Web・スマホアプリの開発、事業運営まで、アイデアから実現まで、頭だけでなく、手、足を使って新規事業の立ち上げに必要な全てのことを国内最大手のSI企業と、国内最大手のネット企業にて行いました。起業後はICTによる「誰もがのびのび幸せに生きていける。それに貢献できるしくみ」となるスマホアプリやWebサービスの提供と、世の中にそんなしくみがもっと増えるように企業へのアドバイスコンサルを行っています。 1972年生まれ。大学を卒業後、国内業界トップのSI企業に入社。営業本部〜技術開発本部〜事業戦略部〜当時最年少でプロジェクトリーダー、立ち上げた新サービスの専門部署の責任者となる。お客様開拓、新規サービスの開発、海外・国内企業との提携、事業運営など新規事業立ち上げに必要なことは全て経験。立ち上げた新規事業は、当時会社の看板事業となり社長表彰受賞、新聞の一面やテレビ・雑誌にも多く掲載、出演し、講演も多数行う。その後、国内業界トップのポータルサイト企業でも新規事業開発に携わり、約10年間にわたって企業内で新規事業開発を行ったのちに、起業。 2008年、自らの株式会社を創業。ICT事業開発の経験とスキルを活かし、長期に渡って最大手出版社などをクライントとし、顧客接点となるWeb・スマホサービス、電子書籍販売、スマホゲームなど数多くのICTサービス事業に関わる支援を行う。また自社サービスとして、携帯向けアプリ、Webサービス、スマホアプリなど累計約200以上を自ら開発しリリースしてきた。スマホアプリはApple App Storeでカテゴリ内一位を獲得したものが複数あり。 2016年からは、創業来のビジョン「誰もがのびのび幸せに生きていける。それに貢献できるしくみを創る」そのものであり、発達障害の子の父親として強い思いを持って、発達障害に関わるニュース提供と良質な福祉作業所の手作り品を販売するWebサイト・スマホアプリの事業に注力している。iPhoneのカメラに映ったものをAIが音声で伝えるカメラアプリなど、他社にはないユニークな技術性の高いアプリも引き続きリリースしている。 自社サービスだけでなく、世の中の「誰もがのびのび幸せに生きていける。それに貢献できるしくみ」が増えるように、企業へICTサービス事業関連について支援アドバイスコンサルティングも行っている。

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る