【個人・法人向け】支払いも楽々!無理せず貯まる。不思議と貯まる。誰も教えてくれなかったお金の話し。

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • ハウスメーカー
  • 接客/販売/個人営業

業界構造

ここ数年と今後の住宅産業についてお話しします。
・全国的に着工棟数が減る中、建築会社の多くは一棟当たりの利益率(額)の向上を営業社員の評価対象に採用する会社も増えてきた。又、エクステリア、インテリアetc...住生活総合ビジネスとして、周辺産業の提携や内製化も進み囲い込みに入っている。
・市場が冷え込む原因として「人口が減るから」と耳にするが、年金受給の引き下げ、引き延ばし、高齢期の療費費など「社会保障問題」 1,000兆円を超した国の借金のため課された「物価上昇」「消費増税」 ミニマムな話だと、職種によっては基本給の上昇率に影響が出る事(※退職金が減る事を意味する) AIによる働き方改革、従来通りとはいかない「労働環境の変化」晩婚化の影響でライフイベントが年次で引き上がる影響(教育費の負担・完済時年齢) など居住用不動産を取得する上でネガティブな要素は以前に比べて揃っている。
そんな中、不景気の恩恵の一つとして団体信用生命保険を含む低金利な住宅ローンに注目している。
・着工棟数は税制面の優遇で持ちこたえている状況だが同業のシェアの奪い合い、顧客との利益の奪い合いは今後も続く見込みである。 (※ネットの情報が消費者を今まで以上に強くする予想)
・そんな事を知っていようがいまいが、勢いで買ってしまえるのも「居住用不動産」の魅力である。業者と顧客の間に立ち、第三者として決断を見届けてきた立場として感じる事は、昔と変わらない「家族に対する想い」と叶えたい暮らし「夢」が詰まっているからである。
・自身は26歳(独身)で一戸建てを建築

具体的な経験の内容

・ご契約前(商談中)、ご契約後(詳細仕様打合せ中)、着工後(引き渡し後)
 大きく分けて3つフのェーズに分け、見込客の段階からオーナーのフォローまで行う。
※住まい造りに関係ない方も役立つ話しです。福利の観点から若い人ほど効果が大きくなるので一生涯のノウハウを是非学んで頂きたい。
・建築に関する客観的な情報提供、ローン斡旋、借換、生損保、設備の組み方、エネルギー情勢について、ライフプランニングシートの作成。営業マン対策、その他情報提供数多数etc...気にしている事を聞かせて頂きその点を重点的にお話しします。
・切り口は様々ですが共通して「知らずに失うお金の話し」をさせて頂いてます。
多くの場合、「生涯賃金の15%は気付かず失う」と言われています。例えば、購入予定の不動産が予算を500万円上回った場合、生涯賃金を2憶円とすると、500万はその内2.5%です。2.5%で悩む前に15%に気付いて頂く事で住まい造りはより楽しいものになります。
・例えば、自行で借入して欲しい銀行マン、保険に入って欲しい保険マンも同ポジションで働いてます。実際にハウスメーカーで家を販売してきた経験と、ストレスポイントを熟知しておりますので恣意的ライフプランニングと比較にならないと思います。 
・日本人の資産のポートフォリオを覗いてみると預貯金と並んで居住用不動産が割合を占めます。需要があるから値段が付く、単純な理由ですが国内では人口減の影響から不動産の地域格差が生まれます。家賃保証がつけれる家の建て方、中古になっても高く売れる不動産の特徴や制度をご存知でしょうか。知って選ぶと知らずに選ぶでは大違いです。

実績や成果

[個人]
・建築費、教育費、老後資金、投資資金の捻出
・ご家庭に合わせたライフプランシートの作成 (必要資金の準備額、方法、ご一緒に指針を策定)
☆住まい造りのセカンドオピニオンとして幅広く相談を受付中☆
[法人]
・再アポ取得率、成約率の向上
・利益率、額の向上
・施主からの紹介
・エネファームで受注を増やす方法
・営業マン研修 (テーマについては幹部の方と要相談)
☆着工数が減っても利益を上げる経営法☆
※大手コンサルティング会社と内容は異なります。 (〇〇総研、〇〇経営)

blog

2016年6月開設  https://yutaka.design/

役割

現場経験/営業サイド

規模

家族や団体を対象にした相談会やセミナー

期間
2008年 〜 2017年頃

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

職歴:非公開


■経歴 ・田舎で自営業の家庭に育つ。個人に深く関わる大きな仕事がしたいと地方大学を卒業後、ハウスメーカーに入社、在籍した8年間で70件余りの住まい造りに拘る中、各家庭の価値観や金銭感覚に触れ、「暮らし」の中でも「お金」に興味を持つ。 ・同時期、憧れの存在となるコンサルタントと出会い弟子入り同然で外資系金融機関に転職。生命保険に限らず、損害保険、公的制度、金融、投資、一般家庭でも出来る節税etc... 全般の整理術を深める中、メーカー、工務店、展示場でセミナーや相談会を行いキャリアを積む。この頃から近県を飛び回る生活が始まり手応えを掴む。 ・依頼先や顧客と良好な関係を築くも、直販である事のジレンマを感じて土俵を作り直す事を決意。 ※ボランティア同然の働き方は収益構造が成り立たなかった ・もう一段視野を広げるため内資系コンサルティングファームに転職。 東京に越し、全国の経営者にインタビューを行いながら各業界の構造や将来図を身を以て感じる中、今後情報を集積して配信を予定。(2018年6月blog開設) ・独立を視野に現在も個人や建築会社から相談を受け付けている。 その他、自宅(S社2世帯特集・HP掲載中)、投資不動産、太陽光、ICO、マイニングなど運用中。うんちくも好きだが経験上の確かな情報を届け、より良い判断に役立てて欲しいと願っている。

プロフィール詳細を見る