医薬品における生産技術、製造現場のGMPレベル向上、人材育成について話せます

  • 医療/ヘルスケア
  • 生産/調達
  • 経験内容

    ジェネリックメーカー時代に製剤の基礎技術習得、申請業務を経験しました。その後、別会社にて粉末製剤の製造を担当し、プロセス設計から工場の立ち上げ、工業化までの一連の流れを経験しています。医薬品としては特殊なトン単位の大量生産製品で、一般的な医薬品の枠には収まらない部分もあり、広い視野をもって工業化を進めたことは貴重な経験となっています。その後、工場技術部門、製造ラインの課長を歴任し、マネージャーとして後進の育成、現場力向上に力を入れてきました。リーダーシップの発揮や課員のモチベーション向上を図るなど、マネージメントの経験も積んできております。
    GMPにおいてはバリデーション責任者やシステム運用責任者、製造管理責任者を経験しております。生産技術系の知識だけではなく、現場視点でのGMP管理、衛生管理や工程改善などについて、経験に基づいてお話しすることが出来ます。

    地域

    静岡県、神奈川県

    役割

    生産技術、製造にて課長/設備導入・工程改善/工場のGMPレベルの向上/衛生管理

    規模

    工場は従業員数200名ほどの規模

    期間
    2001年 〜 2017年頃

    自己紹介

    ジェネリックメーカー時代に製剤の基礎技術習得、申請業務を経験しました。その後会社を移り、粉末剤の製造を担当、プロセス設計から工場の立ち上げ、工業化までの一連の流れを経験しています。医薬品としては特殊な規模の製品で、一般的な医薬品の枠には収まらない部分もあり、広い視野をもって工業化を進めました。その後、工場技術部門、製造ラインの課長を歴任し、マネージャーとして後進の育成、現場力向上に力を入れてきました。リーダーシップの発揮や課員のモチベーション向上を図るなど、マネージメントの経験も積んできております。
    GMPにおいてはバリデーション責任者やシステム運用責任者、製造管理責任者を経験しております。生産技術系の知識だけではなく、現場視点でのGMP管理、衛生管理や工程改善などについても経験がある点が強みです。

    職歴

    開示前(決済前には開示されます)