事業協同組合における外国人技能実習生の受入手続きについて話せます

謝礼金額の目安(1時間あたり) 15,000

経験内容

  • 人材派遣
  • 士業

2005年の行政書士事務所開業以来、事業協同組合の設立、ベトナム、中国、インドネシア、ミャンマー、フィリピン等の外国人技能実習生の日本企業への受入手続きのサポートを行ってきております。
外国人技能実習生受入による職場の活性化の方法、トラブルの防止方法、法務手続き等につき、詳しくお話いたします。

期間
2005年 〜 現在
関連する職歴
  • フロンティア総合国際法務事務所 代表 行政書士

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

フロンティア総合国際法務事務所 / 代表 行政書士


1975年生、兵庫県出身。 大阪大学法学部、大阪大学法学部大学院法学研究科卒業。2005年12月、行政書士フロンティア総合国際法務事務所開業。 就労ビザのサポート等、外国人とビジネスを行う中で培った様々な人脈、外国人との交流経験、世界中で300件以上のゲストハウスを渡り歩いた経験を生かし、現在まで10年以上にわたり、旅館業(簡易宿所)許可、旅行業登録等の500件以上の行政許認可申請、法人設立のサポートを行い、外国人法務、インバウンド法務のスペシャリストとして1000名以上の外国起業家、日本人オーナー、クライアントの許認可、法務サポートを行う。 民泊ビジネスにおいては、民泊許可に関するパイオニアとしていち早く参入し、ビジネス面、法令面の双方から研究を重ね、現在、毎日のように相談を受け、簡易宿所、特区民泊施設の開業コンサルタントとして、民泊を合法的に成功させるためのコンサルティングを行っている。

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る