機械(計量・計測機器)における生産技術の経験について話せます

  • 機械(計量・計測機器)
  • 生産技術

経験内容

A.食品・薬品メーカの最終製品の異物混入・ピンホール 等の検出/選別装置の開発・設計・据付を経験しました。
B.米国ベンチャー企業と日本製薬メーカと弊社の3社共同開発を2件経験しました。
1.米国Navyのファンドで専門に開発している会社と、日本の製薬メーカーと弊社(当時)/精密機械メーカ
 ・市場調査、開発項目、予算、スケジュール、開発進捗管理、等 異業種3社の調整 などの経験をお話できます。
2.米国ベンチャー企業/日本法人と日本塗料メーカと、弊社(当時)/精密機械メーカ
 ・市場調査、開発項目、予算、スケジュール、開発進捗管理、新規化学物質登録手続き、施工管理、などの経験をお話できます。
C.精密機械メーカに於ける設備導入計画、導入、稼働、設備管理・要員管理・品質管理・生産管理・資材管理、などの経験をお話できます。

期間
1976年 〜 2009年頃

自己紹介

D(株)
1.食品包装材/医薬品アンプルのピンホール検出及び金属検出の自動機の搬送部担当。

T(株)
1.自動車用部品(ナイロンコーティング)の自動機、設計、製作担当。
2.ジュクソウ(床ずれ)防止マットの開発
3.自動車用冷暖兼用シートの開発

(株)I
1.ICフォトマスクのファイナル研磨

C(株)
1.複写機部品製造ラインの導入
2.資材技術課にて協力工場 指導
3.新規事業推進課 配属
4.商品開発推進部 配属
 ①RI社(米国)のライセンを取得し、自社技術で医療用機器開発
 ②LB社(米国)のライセンを取得し、自社技術で特殊塗料開発

(株)E
1.上海工場立上げ業務

T(株)
 ①顧問にて全社的アドバイザー

A.検査機器/自動車部品の自動搬送機設計
B.ICフォトマスク研磨技術
C.複写機部品製造ライン導入
D.医療用**検出機器開発

等複数の業界での開発業務に携わって来ました。

職歴

開示前(決済前には開示されます)