介護ロボット開発における医療専門職の経験について話せます

  • システム・ソフトウェア開発(医療・介護情報)
  • 医療専門職

経験内容

介護ロボットに関してはプロトタイプへのアドバイス、また開発段階からの企画プロヂュースなどを行っております。
実際の製品として、アシストスーツ、手指機能回復機器、EMS、コミュニケーションロボットなど多岐にわたって対応をしております。
介護業界におけるロボット開発は多品種にわたり、政府が先導しているもののメーカーと現場の橋渡しがうまくいっていないと思われます。医工連携コーディネーターの立場より、現場により近い形の製品の開発の支援を冴えていただいております。すでに数体の製品販売が行うことができ、予定販売台数を超えております。

地域

神奈川県

役割

開発アドバイザー、企画コンサルティング

規模

中小企業から一部上場企業まで

期間
2012年 〜 現在
関連する職歴
  • 株式会社AwesomeLife 代表取締役

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

株式会社AwesomeLife / 代表取締役

プロフィール詳細を見る


自己紹介

株式会社AwesomeLife 代表取締役
理学療法士、玩具療法士
肢体不自由児施設、訪問リハ、デイサービス、ケアハウス、特別養護老人ホーム、身体障害者養護施設、急性期病棟、亜急性期クリニック、教育機関(専門学校、大学など)、セミナー講師など多岐にわたる医療的リハビリテーション的介入を行ってきている。
現在は、介護現場における介護ロボット開発事業をメインに、現場でより活躍できる機器のコンサルティング並びに開発を行っている。
介護ロボット計に関するコンサルティングは10社以上に及び理学療法ならびに医学また現場ニーズのフィティングを行っている。

職歴

  • 株式会社AwesomeLife /代表取締役

    2012/12 在職中

  • 茅ヶ崎リハビリテーション専門学校 /講師

    2005/3 2011/3

  • 医療法人 大那 だいなリハビリクリニック /リハビリテーション科

    2004/4 2005/2

  • 社会福祉法人双葉海 肢体不自由児施設 両毛整肢療護園 /訓練課

    2000/4 2004/3