産業用機械の事業戦略についての経験をお話できます

  • 製造業
  • 機械/エレクトロニクス
  • 生産設備/工作機械/産業機械
  • 経験内容

    いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

    1997年から2006年

    どちらでご経験されましたか?

    パイオニア株式会社の事業開発室

    その時どのような立場や役割でしたか?

    前半はディスク生産装置の営業課長として既存設備の販売戦略策定と実行、後半は事業開発室長として新規設備を開発して販売するまでのマーケティングを企画した。

    一番誇りに思う成果はなんでしたか?

    総合研究所で研究開発していた世界先端技術を製品化して販売まで実現した。

    一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?

    世の中にない製品だったため、需要先が不明だった。多くの関係者に面会して需要を創造していった。

    どんな人にアドバイスを提供したいですか?

    ユニークな技術を持ちながら、事業化に困っている管理職、経営者。

    この分野は今後どうなると思いますか?

    情報の伝達が早く、新興国の技術力向上が目覚ましい今日、新しい技術を事業化する必要性は大きくなる一方で、マーケティングの知識が必要。

    謝礼金額の根拠はなんですか?

    個人でコンサルティングをする場合の標準報酬額が20万円/1日(6時間)

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    株式会社産業革新研究所 / 代表取締役

    プロフィール詳細を見る


    自己紹介

    ものづくり革新ナビゲーター
    製造業の業務生産性を向上する革新プロセス/方法の情報をネット上に提供し、関係者の交流を活性化することで、産業振興に貢献しています。

    山梨学院大学現代ビジネス学部客員教授(技術経営論)

    主な資格と役職
    技術士(経営工学部門、総合技術監理部門)
    博士(工学)、技術経営修士(専門職)
    日本技術士会山梨県支部幹事/技術士青葉会幹事
    品質工学会、山梨県研究会幹事
    品質管理学会、経営工学会会員

    職歴

    • 株式会社産業革新研究所 /代表取締役

      2011/10 在職中