医療(病院運営)における病床管理の経験、リハビリテーション科運営について話せます

  • 医療(病院運営)
  • 経営企画/経営管理

経験内容

リハビリテーション科の所属長をしながら、病床管理責任者として院内外のベッドコントロールをDPC点数を元にした病床管理ソフトを自作し、効率の良い病床移動を行い売り上げを向上させました。ケアミックス病院で1.5年で平均単価を5000円向上させました。
 現在はその業務を後輩へ移管し病院を退職。整体院を経営しながら、他県のケアミックス病院の経営コンサルテーションを依頼にて行い、同時に汎用型のDPC点数を元にした病床管理ソフトの開発を友人のSEとともに行っています。

期間
1998年 〜 2017年頃

自己紹介

横浜の総合病院でICUでの理学療法から臨床を開始した28年経験の理学療法士です。内部障害を得意としながら労災病院でしたので整形、脳血管疾患、小児疾患まで幅広く経験しています。
 最終的には70名のリハ科の所属長まで実施し、超急性期から介護保険サービスまでの経験があります。最終の病院では病床管理責任者として入院予約患者の入院日決定、入院中の一般病棟から、回復期・地域包括病棟・障碍者病棟・療養病棟・緩和ケア病棟・精神科病棟などへの転棟を基本入院料を元にした移動を推進し、平均単価を5000円向上する実績を上げました。現在はその業務を後輩へ申し送り、退職。治療院を経営しながら他県のケアミックス病院の病床管理、リハ科の技術・知識指導を行いつつ、友人のSEと病床管理やリハビリでの管理システムのシステムソフト開発・販売を行っています。

職歴

開示前(決済前には開示されます)