障害者福祉サービスにおける福祉農業の新規施設開設についてお話できます

謝礼金額の目安(1時間あたり) 15,000

経験内容

  • 新規事業/R&D

・行政の助成金情報
・申請書の書き方
・農地法、建築基準法などへの対応
・水耕栽培の装置の選択支援
・販路支援



■ どちらでご経験されましたか?
社会福祉法人大阪手をつなぐ育成会



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
2012年から、大阪府東大阪市において、農福連携による障害者の新たな職域開拓のため、事業化に向けたプロジェクトを立ち上げる。2014年19月就労継続B型事業所を開所。農林水産省の「農のある暮らしづくり交付金」の申請から、候補地探し、建設業者との折衝、大阪府・東大阪市・JR西日本(栽培ハウスがJR高架下)との打合せ、2014年の完成まで。



■ その時どのような立場や役割でしたか?
プロジェクトリーダーとして、関係先との交渉、自社内の調整等全般を担当。



■ 得意な分野・領域はなんですか?
障害者の就労支援事業所の開設。
福祉農業の新設
各省庁の助成金、交付金情報の提供と申請の補助



■ この分野は今後どうなると思いますか?
日本の農業の再生(後継者問題、耕作放棄地問題の解決)のため、障害者の就農を農林水産省、厚生労働省も促進している。特に「農福連携」事業として大きく注目されており、広がりを見せている。
また、2018年4月から障害者雇用率が2.0%から2.2%にアップするため、大企業での障害者の雇用確保の面からも注目されている。



■ 誇りに思う成果はなんでしたか?
当初の見込みどおり、障害者の特性を活かせる事業であると実証できたこと。
特に、水耕栽培では、日々の作業が細分化でき、成長する野菜を見ることでモチベーションが上がる。
また、販売を通じて地域住民とのコミュニケーションが生まれ、障害者への理解が醸成できた。
このことをマスメディアや国会、大阪府議会で取り上げられ、一層刺激となった。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

社会福祉法人大阪手をつなぐ育成会 / 農福連携室 主任


1980年大学卒業後、大手旅行代理店に就職し、個人法人への営業に従事。 顧客目線での商品開発で業績を伸ばす。本社勤務では旅行関連の商品規格販売に従事。 1996年大手生命保険会社に転職。個人法人への営業に従事。特に動物病院に特化。 2000年NPO法人を設立、ペットとの共生のための社会基盤(住環境など)の充実を目指す。 2007年障害者の就労に特化した人材会社の設立。 2013年障害者の新たな就労の場として、農水省のモデル事業として植物工場を企画段階から主導。現在は大阪府下の福祉農園とコンソーシアムを組みブランド化を推進中。

プロフィール詳細を見る