デザイン業界とデザイン事務所における紙媒体の現況と未来についてお話できます

  • マスコミ・出版(雑誌)
  • 制作

経験内容

どちらでご経験されましたか?

d-fractal(デザイン事務所フラクタル)アートディレクター

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

1994年から23年

その時どのような立場や役割でしたか?

デザイン事務所の代表として、おもに印刷物のアートディレクションや事務所内スタッフへの仕事の割り振りなど

得意な分野・領域はなんですか?

雑誌・書籍・ポスター・フライヤーなど、おもに紙媒体のアートディレクションからデザインまで。
写真撮影

この分野は今後どうなると思いますか?

高付加価値のハイクオリティデザインと、安価なデザインと、2極化していくと思われます。

誇りに思う成果はなんでしたか?

ここ数年、競争率の高い公共事業の枠にコンペで入り込む事ができていること。

地域

国内全域

役割

アートディレクター/カメラマン/デザイナー

規模

3名

期間
1994年 〜 現在
関連する職歴
  • d-fractal 代表

自己紹介

土岐晋士(ときしんじ)
アートディレクター・デザイナー
愛媛県生まれ
東京で数社のデザイン事務所にて実務経験を積んだ後、岡本一宣デザイン事務所を経て1994年デザイン事務所フラクタル設立。
代理店時代はフィッシャー、ダイナフィット、等のスポーツ用品の広告を主に手がけ、岡本一宣事務所ではアメックス広報誌「インプレッション」等のチーフデザイナーをつとめる。
広告系出自のデザイナーとして「魅せるデザイン」の構築には定評がある
最近ではグラフィックのみならず横浜開港150周年関係、横浜開港資料館等の公共プロジェクトにも関わり活躍の場を広げている。

職歴

  • d-fractal /代表

    1994/8 在職中