ベトナムにおける医療機器の販売における販促としての医療機器を使用したトレーニングの経験についてお話できます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 営業/マーケティング

<経歴>
2017年2月 – 現在   Raffles Medical Group 総合診療医/Cyest 株式会社 医療産業アドバイザー
2014年2月 – 2017年1月   International SOS 総合診療医/ Cyest株式会社 医療産業アドバイザー
2013年4月 – 2014年2月   シンガポール Parkway Group 日本メディカルケア  総合診療医
2011年4月 – 2012年3月   東京新宿メディカルセンター(旧:東京厚生年金病院) 泌尿器外科・緩和医療チーム
2009年9月 – 2011年3月   沼津市立病院  泌尿器科医師 緩和ケアチーム
2008年4月 – 2009年8月   静岡県立静岡がんセンター 緩和医療科医師
2007年4月 – 2008年3月   沼津市立病院 泌尿器科医師 
2004年4月 – 2007年3月   東京厚生年金病院 泌尿器科医師 緩和ケアチーム
2003年4月 – 2004年3月   千葉大学医学部付属病院 泌尿器科 泌尿器科医師



■ どちらでご経験されましたか?
日本で10年間臨床医として勤務した後、Raffles Medical Group、International SOS、Parkway Shenton Group (IHH group)にて 医師として勤務をしながら海外の医療を学んできました。また同時にCyest 株式会社にて医療産業アドバイザーとして登録されており、日本の医療産業が海外に進出する際のサポートをさせていただいています。



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
2013年より継続中です。



■ その時どのような立場や役割でしたか?
現在の企業(病院)では医師としてだけでなく、Business Developmentとしての役割も担っています。



■ 得意な分野・領域はなんですか?
医療一般・海外での医療サービス・メディカルツーリズムに対するアドバイス・日本の医療機器に対する海外でのニーズの調査・ベトナム・中国・シンガポール・タイ



■ この分野は今後どうなると思いますか?
正しいアプローチができれば、潜在的な需要も日本企業が入り込むチャンスもまだまだたくさんあると思います。



■ 誇りに思う成果はなんでしたか?
海外の病院において臨床医としてだけでなく、Business Developerとして認められたことです。現在はベトナム人医療者の教育にも携わらせていただいています。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

Raffles Medical Group /  Clover Plus / Cyest  / / 医師 / 医療産業アドバイザー


日本で10年、海外(シンガポール/中国/ベトナム)で4年の臨床医としての経験があります。 特に海外で実際に働いている日本人の医師として、さまざまな日本の企業様より医療の輸出(アウトバウンド)/メディカルツーリズム(インバウンド)に関する相談 を受ける機会があります。 過去1年間のご状況 自身の医師としての海外の医療を学ぶ傍ら、日系の医療製品に関するディストリビューターに所属し医療産業アドバイザーとして医療分野に関するコンサルタントを行っております。

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る