塗料、自動車塗装における色彩、色材全般についてお話できます

  • 製造業
  • 新規事業/R&D
  • 経験内容

    色彩、特に自動車外装塗装色について、その材料(色材、合成樹脂等)、材料の適用技術(顔料分散、塗装技術)、色彩化技術(色彩設計、色彩開発、色彩工学、評価技術)及び、色彩提案(自動車メーカー等、日本及びアジア圏自動車メーカー)の流れ全般についてお話し出来ます。

    どちらでご経験されましたか?

    関西ペイント株式会社  色彩研究所、SP研究所、CD研究所 所長

    いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

    1996年4月 〜 2010年3月

    その時どのような立場や役割でしたか?

    顔料(pigments)、及び光輝材(effect pigments)の評価、適用技術、色彩開発を担当。
    色彩研究所 のち CD研究所所長として、塗料色彩に関わる技術全般(色材適用技術、色彩工学、評価技術、システム開発、色彩開発、色彩提案)を指揮。日本及び海外(アジア=インド、マレーシア、タイ、台湾、中国)における自動車色彩を提案。

    得意な分野・領域はなんですか?

    色材適用技術、色彩工学、塗料色彩

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    関西ペイント / グローバル調達本部 調達開発部 部長

    プロフィール詳細を見る


    概要

    大手塗料メーカー(本社:大阪市)において

    1975~1986 名古屋地区で自動車塗料技術開発 (色材開発、塗料開発、技術折衝)=中塗塗料、上塗塗料、新色開発、顔料評価
    1987~1995 平塚地区 自動車塗料研究部で自動車塗料開発 
    1996~2010 色彩研究所(現CD研究所)で色材(顔料、光輝材など)適用技術開発、色彩開発、色彩関連工学研究、色彩提案指揮
    2010~2015 グローバル調達本部で材料関連技術サポート(問題解決、材料探索)
    2015/4 塗料メーカーを退職



    At a major paint manufacturer (head office: Osaka)

    1975~1986 Developed automotive paint technology (color material development, paint development, technical negotiation, middle coat paint, top coat paint, new color development, pigment evaluation)

    1987~1995 Developed automotive paints in the Automotive Paints Research Department

    1996~2010 At the Color Research Laboratory (now the CD Laboratory), developed technology for applying color materials (pigments, optical brighteners, etc.), developed colors, conducted color-related engineering research, and directed color proposals

    2010~2015 Material-related technical support (problem solving, material search) at Global Procurement Division

    2015/4 Retired from paint manufacturer

    職歴

    • 関西ペイント /グローバル調達本部 調達開発部 部長

      2010/10 2015/3

    • 関西ペイント株式会社 (2016年退職しました) /色彩研究所、SP研究所、CD研究所 所長

      2003/4 2010/3