プリンタ、複合機における商品開発、要素技術についてお話できます

  • 製造業
  • 新規事業/R&D
  • 経験内容

    レーザープリンタ・複合機(電子写真)の画像形成プロセス設計、特に感光体、帯電、露光、現像、クリーニングプロセスに関連するテーマに従事。
    <解説論文>
    電子写真プリンタにおける接触式ローラの帯電技術 トライボロジスト 2016 年(Vol. 61 ) 6 号 368 頁

    いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

    2004年〜

    その時どのような立場や役割でしたか?

    モノクロ及びカラーレーザープリンタの商品開発に従事。電子写真の画像形成プロセス設計担当者として、帯電、感光体、クリーニングプロセスを担当し、機能部品の選定、プロセス条件(電気、静電気、SW仕様、HW構成)を設計し、商品仕様を具現化する。

    得意な分野・領域はなんですか?

    レーザープリンタ(電子写真)の画像形成プロセス、特に感光体、帯電、露光、クリーニングプロセスが専門。

    地域

    日本、韓国の研究開発拠点、中国の生産拠点

    役割

    次世代技術の検討から商品の開発設計、量産化まで

    規模

    数十名の設計部隊

    期間
    2004年 〜 現在

    自己紹介

    レーザープリンタ・複合機(電子写真方式)の画像形成プロセス技術者として、日系メーカの商品開発部門及び外資系メーカの研究所にて、研究開発及び商品開発・設計に従事。感光体、帯電、クリーニング、現像の画像形成プロセスを担当。

    職歴

    開示前(決済前には開示されます)