消費財業界における営業・マーケティング部の能力開発プログラムの開発についてお話できます

  • 営業/マーケティング
  • マーケティング
  • 経験内容

    成長をめざしている会社において、人材開発の組織、プログラムを立ち上げ、実行するサポートができます。 導入したトレーニング:①セリング(効率的、効果的な販売方法)、②ネゴシエーション(買う気になった顧客に最終判断を促す方法)、③パーフェクトストアー(お客が買い易い場を作る方法)。 さらに、継続的に成長をしていく為には、能力開発マインドを社内に定着させる必要があります。 そこで、スキルだけでなく「学ぶ文化」、「教えあう文化」を構築しました。 導入したプログラム:①チームビルディング: チームとしてお互いを助け合うことによってより良い結果を出す ②コミュニケーション: 信頼関係を構築して、相手と意志の疎通をする ③TTT(トレイン ザ トレイナー):上司が部下をトレーニングする。④COE(センター オブ エクセレンス)社内にある成功事例を表彰し、共有を図るために情報の蓄積をする。

    どちらでご経験されましたか?

    1)営業本部で営業マンの能力開発プログラムを立ち上げ、導入を実行。 能力開発プログラムを開発にあたり、海外の成功事例を日本市場に受け入れられる形に変更し、導入を成功させた。 2)マーケティングリサーチ部門でツールの開発及び導入を実行。

    いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

    1)2005年12月~2014年10月
    2)1987年4月~1999年9月

    その時どのような立場や役割でしたか?

    1)責任者として本部と連絡を取りながら、能力開発プログラムの実際の開発、トレーニングを部下4人と行った。
    2)責任者として情報収集、海外で開発されたツールの評価・選別、マーケティング部に対してトレーニングを実行した。

    得意な分野・領域はなんですか?

    消費財メーカーの営業・マーケティング部門における能力開発プログラムの作成。


    概要

    私は 今まで、2つの大きな経験をしています。 

    一つ目はマーケットリサーチの経験です。ニールセンという米国系調査会社でクライエントサービスの仕事をしました。ここで小売店情報の分析の仕方、クライエントにプレゼンする方法等を学びました。 その後、英・蘭 消費財メーカー、ユニリーバーでマーケットリサーチの仕事に約12年ほど従事した。ここでは海外の進んだ手法を導入し、会社の判断をサポートする情報を提供しました。 また、社内に開発部門が手軽に使えるパネルを設置し、開発の質・スピードの改善に貢献しました。

    2つめの経験は能力開発(トレーニング)です。マーケトリサーチ部に所属していた時からマーケティングに対してのトレーニング、海外におけるリサーチ手法のトレーニング等をしていましたが、営業本部に配属になってからは、営業マンのトレーニングプログラムの作成・実行を行いました。

    以上 よろしくお願い致します。

    職歴

    開示前(決済前には開示されます)