ポルトガル・フランス(パリ・ブルターニュ)・リトアニア・ハンガリーにおけるモニュメント彫刻の制作設置の考え方・手段と方法についてお話できます

  • 欧州

経験内容

個人から国・公官庁・企業からの依頼に基づいてモニュメント・彫刻の制作から設置までこなして来ましたから、立体的なものに関しては殆ど何にでも応用が利くものと思います。広い海岸から個人宅の坪庭まで空間は問いません。

どちらでご経験されましたか?

Artistとして東京都新島村・ハンガリー(文化教育省)・リトアニア(ヴィリニウス)・ペロスギュレック(仏)コートダムール(仏)・ポルトガル(エヴォラ)・等が大きな仕事で、個展も4カ国にて15回新作石彫を展示して来ました。個人的な仕事は別です・

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

1971年5月 〜 継続中

その時どのような立場や役割でしたか?

此方の扱いはマイストロー・マイスターのプロ作家として私に全て任せることが実際でした。材料・道具・機械・大型車両・必要な人材と職人・セレモニーは相手任せでした。現在「日本美術家連盟会員」です。

得意な分野・領域はなんですか?

空間における立体彫刻の配置と設置。モニュメント作品の制作・設置
その環境空間にあった立体造形物の配置と構成。


自己紹介

私はモニュメンタルな形を石彫と石版画によって、記号となりうる程の形態を45年余り追求し続けています。
フランス・ドイツ・イタリア・ポルトガル・オーストリア・ハンガリー・リトアニア等にモニュメント彫刻を設置。第一回個展はPARISシャンゼリゼ34のセンターメデイカルdeシャンゼリゼをはじめにヨーロッパ&日本半々にて開催。グループ展220回程しました。

職歴

  • Artist

    1971/5 在職中

  • 名古屋女子大学短期大学部

  • 名古屋女子大学短期大学部生活学科&専攻科に勤務していました /生活学科長兼専攻科長

    1974/4 2013/3

他の経験