がん医療・緩和医療における患者ニード・医薬品ニード・支持療法ニードについてお話できます

  • 医療/ヘルスケア
  • 専門職
  • 経験内容

    がん医療にかかわる治療ストラテジ、ケアリソース、地域連携課題、Living Willなどの考え方などのほか、医療用麻薬の使用法、など治療に関する課題全般について説明できます。
    現在も薬剤部長/治験管理室長/医薬品安全管理責任者/がん薬物療法認定薬剤師/緩和薬物療法暫定指導薬剤師/緩和薬物療法認定薬剤師/がんゲノム医療コディネーター/高度医薬品安全管理推進管理者として現在勤務しておりますので、生の情報を提供できると思います。

    どちらでご経験されましたか?

    大学病院およびアメリカ・オーストラリア

    いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

    1998年~

    その時どのような立場や役割でしたか?

    現在は決済権をもって業務関与している。

    役割

    緩和ケア室長

    規模

    1500

    期間
    1996年 〜 現在

    概要

    大学病院で25年の勤務をしております。現在、主な専門は、医療経済、緩和医療、がん医療です。またMR育成、人材育成、医薬品研究会企画運営などの教育キャリアを持っています。

    職歴

    開示前(決済前には開示されます)

    他の経験