各種企業資金調達関連(資金調達スキーム指導、出資、融資他)、投資・資産運用関連

アドバイザー

氏名:開示前


運用会社、銀行で約25年間、株式、債券、デリバティブ、不動産関連、ベンチャー投資など、様々な投融資業務を経験。
ベンチャー企業投資を行って来た経験を活かし、ベンチャー企業の立上げや資金調達、リファイナンスに関わる指導や実際の交渉を行ったほか、ベンチャー企業の顧問として資金繰り、資金回収、資金調達、経営アドバイスなども経験して来ています。

また、出資や融資など資金の出し手だった経験や、集団的投資スキームや資金調達スキームに精通しておりますのでベンチャー企業や中小企業の資金調達、経営上のアドバイスなどでお役に立てると思います。

その他、資産運用の経験を活かした、資産運用業界の実情を反映したお金、資産運用に関る講演やセミナーも行っておりますので、お気軽のご相談ください。投資の常識は金融商品販売業者によって作られているため、「投資の常識は非常識」が罷り通っていることなどを、資産運用、投資経験に基づいてお話しできます。

■その他
地域: 東京
役割: 資産運用、投資業務、資金調達及びスキーム作成、ストラテジスト
規模: ベンチャー企業立ち上げから業界トップ企業

プロフィール 詳細を見る


氏名:開示前

金融・経済、資産運用評論家、資金調達コンサルタント、コラムニスト  
(同)アナザーステージ会長兼CEO  

日本証券アナリスト協会 検定会員(CMA®)
宅地建物取引士
証券外務員一種、

早稲田大学エクステンションセンター講師
東京MX2「WORL MARKETZ」レギュラーコメンテーター(水曜日)
ペンネーム、ビジネスネーム「近藤駿介」として活動中。

1957年東京生まれ。
私立武蔵中学・高校から早稲田大学理工学部土木工学科卒業。 大学
卒業後、大手総合建設会社勤務を経て、31歳で野村投信(現野村アセットマネジメント)に入社。

株式、債券、先物・オプション取引等を担当した後、野村総合研究所に出向しストラテジストとして活躍。出向した年にストラテジストとして日経金融新聞(当時)「人気エコノミスト ランキング」にランクインを果す。

野村アセットに戻りファンドマネージャーとして活躍。その他、運用責任者として、日本初の上場投資信託(ETF)である「日経300上場投信」の設定・上場を成功させ、1996年に野村アセット初のプロ契約ファンドマネージャーとなる。

その後20年以上に渡り、野村アセットを始め大手資産運用会社、銀行で株式、債券、デリバティブ、ベンチャー投資(ベンチャーファンドの運用・ベンチャーキャピタリスト)、不動産関連投資(証券化商品及び不動産ファンドの運用)等様々な運用を経験。投資信託業界初のビジネスモデル特許出願も果たす。

運用業務の傍ら、野村総合研究所出向時代から、評論家、ストラテジストとしても活動。「週刊ダイヤモンド」「東洋経済」など経済誌向け執筆活動の他、経済同友会、日本証券業協会を始め、上場会社の経営会議や社員研修等で様々な講演活動を行う。

その他、ベンチャー企業の立上げ、資金調達指導、経営顧問、私募債借換指導・実行などを通してベンチャー企業の立上げや育成、経営にも関与。

2009年合同会社アナザーステージ設立し、金融や資産運用に関する金融セミナーや書籍、コラムの執筆などのほか、経営コンサルティング会社、不動産会社等の執行役員、顧問などを行っている。

企業が持つビジネスアイディアの実現に向けて主にファイナンス面から実践的なサポート業務を中心に活動中。

現在、建築系不動産会社社の社外取締役(Chief Asset Financial Officer)として新規事業の立案、ファイナンススキーム構築、投資家交渉のアドバイスから実行及び資本政策立案、監査法人対応等々を担当。

◆著書
・1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実(河出書房新社) 
・202X金融資産消滅(KKベストセラーズ)   他

◆メディア出演
NHKスペシャル「東京ブラックホールIII 1989-1990 魅惑と罪のバブルの宮殿」(NHK)
「バイキング」「新報道2001」他(フジテレビ)
「羽鳥慎一モーニングショー」「グッドモーニング」(テレビ朝日) 他


職歴

合同会社アナザーステージ

  • 2009/5 - 現在

国際投信投資顧問

  • 部長 2000/5 - 2005/5

野村アセットマネジメント株式会社

  • 上席ファンドマネージャー 1988/10 - 2000/5

このアドバイザーのトピック

謝礼金額の目安

問い合わせ

取引の流れ


似ているトピック