海外企業との外国為替、英文法務についてお話できます

  • 海外ビジネス

経験内容

日本人顧客との橋渡しを担って来たので、外国語およびコミュニケーション能力(英語は同時通訳レベルまで、ドイツ語についても逐次通訳までは可能)で財務・金融・外国為替・法務についてお手伝いすることが出来ると思います。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

1986年より30年ほど

どちらでご経験されましたか?

日本はもちろんですが、香港での3か月の研修、ロンドンでの5年弱を含む欧州でのおよそ8年の経験があります。30年で複数の外資系金融機関を経験しましたが、特に欧州系最大手銀行では1987年から1990年までの3年半、その後日本人初のロンドン支店転勤を命ぜられ、1990年から4年半、駐在しました。

誇りに思う成果はなんでしたか?

外資系の中で日本人が1人なので、私生活からビジネスの領域まで全て英語で囲まれ、通常の駐在員とは全く違うレベルの語学力、海外の文化的感覚を身に着けたこと。そして外国為替に関する著書を2冊出版したこと(書名については、相手先にのみディスクローズしたいと思います)

どんな人にアドバイスを提供したいですか?

恐らく日本人にとって一番費用が掛かり、かつハードルが高いと思われるのが、英語の契約書作成のための法律事務所への依頼だと思いますが、法務および英語に経験のない場合、かなり高額な請求をされていると思います。こちらが英文契約書について相手先と直接英語で交渉し、案文を固め、最終チェックを法律事務所にお願いするだけでも数十万円から百万円単位の節約になると思いますので、そのお手伝いをしたいと思います。


自己紹介

金融・会計案件の翻訳・通訳

【自己紹介】
慶応大学法学部法律学科を卒業し、米系・欧州系の外資の銀行で、外国為替の仕事を30年間してきた、現在50台半ばの男性です。銀行内では全てのコミュニケーションが英語であるため、その世界で30年を過ごして参りました。外国為替に関する本は2冊出版しております。また、日英・英日の同時通訳、独文和訳にも現在携わっております。

30年間のうち7年半欧州に滞在し外資系金融機関に勤務していた関係で、英語の環境で仕事しておりました。

【スキル】
・翻訳(英日・日英)
・通訳(英日・日英・独日・日独)
・同時通訳(英日・日英)

【資格】
・TOEIC 940点
・証券外務員一種

【これまで関わってきた主な仕事】
外国為替取引について取引先を開拓し、安田海上火災、朝日生命、東芝などの大手企業を新規取引先として増やしてまいりました。海外の本店の翻訳・通訳の案件は全て携わってまいりました。また、デンマークの銀行勤務の際には、オーストラリアから中国までアジアの広い範囲の企業を訪問し、資料・法的書類・ホームページの翻訳などすべてこなし、取引先を広げて来ました。

【翻訳・通訳関連の主な仕事】
英語から日本語への翻訳
・米国本社のエコノミストの経済レポートの翻訳(国際経済・国際政治など)
・ISDA(International Swap Dealers Association)の英文契約書翻訳。
・日本の証券会社を米国のファンドに売却するM&Aにおいての英文契約書の翻訳
・カナダ現地法人の財務諸表翻訳
・オーストラリア現地法人の定款翻訳

日本語から英語への翻訳
・金融機関ホームページの英文への翻訳
・米国現地法人の就業規則英訳
・債券トレーディングに関する市況英訳


英語と日本語間の通訳・英語による交渉
・米国本社から来日するエコノミスト・アカウンタント(会計士)の講演の通訳
三菱商事・日本生命・松下電器等の顧客対象
・上記ISDAの英文契約書の締結交渉。
・英文契約書および英語でのM&A締結交渉

職歴

開示前(決済前には開示されます)