一般消費財における海外進出についてお話できます

  • 化粧品
  • 海外営業/海外進出

経験内容

・ポーラ化粧品の中国事業を再構築、越境ECを推進。成果の一例:ホワイト ショッインナーロック タブレットを年間10億以上の売上を達成。
・米国H2O+化粧品の代表CEOを努め、同社をChicagoからSan Franciscoに移転し、自社製造からOEMに切り替え、ブランドの再構築を実現。
アメリカに10年と中国に19年の滞在経験があり、各地のビジネス風土を肌で感じた他、その際に英語・中国語共に充分な言語運用能力を身につけることができました。その技能を活かし、日本企業の海外進出のサポートに加え、前述のブランディングに関するコンシェルジュとしての活動、現地消費者動向の調査、人脈拡大支援、チャネル開拓、開店支援といったサービスを提供しております。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2004から現在まで、十数年。

どちらでご経験されましたか?

株)ポーラ  取締役(海外担当)
エスティ・ローダー株式会社、某事業部、事業部長

地域

中国(香港、台湾を含む)、アメリカ、EU、東南アジア

役割

取締役、事業部長など

規模

連結4700人以上

期間
2004年 〜 現在
関連する職歴
  • 株)ポーラ・オルビスホールディングス グローバル戦略アドバイザー
  • 株式会社ポーラ 海外事業担当取締役

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

株式会社CNB研究所 / 代表取締役

プロフィール詳細を見る


自己紹介

1992 年米パデュー大学卒業後、米系大手コンサルティング会社アクセンチュアに入社。その後、米系ベンチャーキャピタルに勤務し、投資先の日本市場参入を指揮する。退社後、米国Wharton Business SchoolにてMBA を取得。

以来、大手消費財会社P&Gの高級化粧品SK-IIブランド、エスティ・ローダー、ロレアルにて、日本ブランドマネージャーやマーケティング部長、中国ビジネスの責任者を歴任。特にSK-II時代は、ブランドコンセプト・製品開発に専念。また、エスティ・ローダー時代は、最優秀事業部長賞を受賞。

日本帰国後、ポーラ・オルビス ホールディングスグローバル事業の責任者として入社、米H2O+化粧品社長、豪州Jurlique化粧品取締役、(株)ポーラ海外担当取締役など歴任。

2016年日本企業の海外進出を支援する株式会社テナシティーを創業。同時に下記職務などを兼任:
• ポーラ・オルビス ホールディングス株式会社 海外戦略アドバイザー
• 日本貿易振興機構(ジェトロ)新輸出大国パートナー
• グロービス経営大学院客席教授、ブランディングを講義。
ジェトロの支援に多数の成功事例を創出し、また、プロデュースした宮崎クラフト焼酎は、米国Los Angeles International Spirits Competitionで銅賞を受賞。

職歴

  • 株式会社CNB研究所 /代表取締役

    2016/7 在職中

  • 株)ポーラ・オルビスホールディングス /グローバル戦略アドバイザー

    2016/4 2017/3

  • 株)ポーラ・オルビスホールディングス /本部長

    2014/4 2016/3

  • 株式会社ポーラ /海外事業担当取締役

    2014/7 2016/3

  • 伽藍グループ(年商1000億円、中国国産化粧品業界No1企業) /総経理

    2011/7 2014/3