不動産仲介業における拠点長20年、仲介実績3000件以上、のべ500人の部下指導、全国ランキングトップを数名育成。についてお話できます

  • 経営/管理部門

経験内容

不動産取引注意点、不動産仲介営業方法、等。
業界特有の因習や慣習が未だに残る業界です。この業界に36年間身を置き、あらゆるしがらみと闘いながら、自ら体験し、解決改善してきた事をお伝えすることができます。
2014年自らの体験を基にAmazon Kindleより書籍出版『不動産投資の注意点』8月9月単月ベストセラー
保有資格
宅地建物取引士
不動産コンサルティングマスター
ファイナンシャルプランナー(AFP)
産業カウンセラー
GCS認定コーチ(プロフェッショナルコーチ)
2014年より、今迄の経験を体系化して後世に残し、業界の改革に一石を投じることを目的として、名古屋市立大学大学院経済学研究科20114年から在籍、2017年3月修了

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

1981年より仲介営業職、1994年から約20年6拠点の拠点長を歴任。

どちらでご経験されましたか?

住友不動産販売株式会社にて、1981年より2017年6月まで。

その時どのような立場や役割でしたか?

拠点長の時代は管理職として一定の人事権、決済権を有していた。

一番誇りに思う成果はなんでしたか?

全国最低店舗を2年間で、全国トップレベルの店舗にした。

この分野は今後どうなると思いますか?

少子高齢化が進み、持ち家志向が減少する。特定の地域に偏り人気の二極化が進む。確実に不動産余りの現実に打ちあたるが、仲介業務としての生き残り方策はある。

得意な分野・領域はなんですか?

異業種から参入される方には世間の非常識と言われる業界特質の理解からしていただく。業界の特殊性と、一般の方が理解し難い新人業界人がよくはまる不動産特有のトラブルの防止など。

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

中央不動産コンサルティング / 代表

プロフィール詳細を見る


自己紹介

大学法学部を卒業後、法律事務所勤務(詐欺被害問題、ネットワークビジネス問題を扱う)を経て1981年より、財閥系東証1部上場不動産会社に36年間在籍。
うち約20年間に及ぶ拠点長経験あり。
のべ500人以上の部下教育指導をする。
在籍中、不動産仲介契約を3000組以上取り扱う。
その間、業界の常識は世間の非常識を嫌というほど体験し、壁にぶつかること多々あり。その都度解決してきた実践経験があります。

2017年8月より4社の不動産コンサルティングを行う。
(不動産仲介営業エリア開発、不動産仲介営業マン育成、不動産取引注意点、他)
名古屋市市民公開講座 不動産に関するセミナー講師
名古屋市立大学 経済学部 非常勤講師(2018年)
中央不動産コンサルティング代表(2018年)
GCS認定プロフェッショナルコーチ(不動産業開業、トップクラス不動産営業マン育成コーチ)

職歴

  • 中央不動産コンサルティング /代表

    2018/10 在職中

  • 名古屋市立大学経済学部 /講師(非常勤)

    2018/10 在職中

  • 住友不動産販売株式会社 /法人開発部 副参事

    2014/4 2017/6

  • 住友不動産販売株式会社 /営業センター 拠点長

    1995/8 2014/3

  • 住友不動産販売株式会社 /仲介業務担当営業職

    1981/4 1995/7

  • 前原法律事務所 /法律事務 詐欺事件 マルチ商法事件

    1979/4 1981/3