建築業界での電気設備工事の将来像と、異業種への新規事業展開の為のアドバイス

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 建設

(1)技術士(電気電子部門)を取得しています。従って、電気工学及び電気設備に関しての専門的なアドバイスができます。
(2)技術経営修士(専門職)を取得しています。従って、技術専門のアドバイスの他に経営戦略的な内容についてもアドバイスできます。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

1976年から現在まで

どちらでご経験されましたか?

⑴㈱総合設備計画
⑵㈱山下設計
(3)都内通信機メーカー

その時どのような立場や役割でしたか?

⑴設計主任として電気設備設計を主体的に行う。
⑵電気設備の施工に関して、施工指示を与えて施工監理を行う。
(3)異業種への新規事業展開の為のアドバイスを行う。

一番誇りに思う成果はなんでしたか?

⑴電気エネルギーの効率的な利用促進化の為に配電方式を見直すことで成功した。
⑵施工工程の短縮化の為の設計変更を主体的に行い、2か月の短縮に成功した。
(3)新規事業のスタートに立ち会えた。

一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?

費用対効果につき、長期的な展望を描くことが課題でした。ランニングコストとイニシャルコストの比較を機器の更新時期を考慮して50年先迄見越して検討をして、御施主様に納得して頂きました。
また、新規事業展開の際に自社のコア技術の再認識を明確に行うことを心掛けました。

関連する論文やブログ等があればURLを教えてください

特にありません。

どんな人にアドバイスを提供したいですか?

異業種の製造業者が建築業界での新たな事業展開を考えていらっしゃる場合、需要と将来展望を踏まえたアドバイスができます。

この分野は今後どうなると思いますか?

成長の限界はないが、そのスピードは2020年以降にかなり鈍ることが予想されます。また、電気エネルギーの需給バランスを考えれば増々省エネ化が加速されてくると考えます。従って、今後は資源の有効活用を促進する方向に向かうと考えます。

謝礼金額の根拠はなんですか?

日本技術士会での技術士報酬額を根拠にしています。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:(開示前)

桶谷技術士事務所 / 所長


技術士(電気電子)としての業務経験に加えて技術経営修士(MOT)を取得し、広く技術と経営との融合化を図る為のアドバイスを行うことが出来ます。 また、建築業界での電気設備工事の設計、監理業務の経験を活かし、災害に強い企業経営の為の助言を行います。

プロフィール詳細を見る