募集終了 自動車or部品会社の検査業務インタビュー :検査は外観、非破壊や官能の定量化も含

募集内容

【依頼背景】
異常検知AIを検査領域に適用しているスタートアップです。
複数ご採用いただけているものの、各社各様で、製品・サービス・価格の標準化に悩んでいます。
検査業務に知見をお持ちの方にインタビューして、ストライクゾーンを探りたいです。

【探しているアドバイザー】
特に、自動車会社あるいは自動車部品会社で、検査業務の知見をお持ちの方。
(自動車以外も可)
新しい検査システムの導入・検討に携わった経験をお持ちの方。
あるいは、検査のための新しい基準を策定したり、検討に携わった経験をお持ちの方。

【相談したいこと】
1)例えばパワートレインそのものか、構成部品の検査にAIを導入する際の検討項目、判断基準。
(エンジン、ATまわりやEV含め駆動系でのご評価が高いです)
2)正式採用の基準、グローバル展開に向けてクリアすべきポイント。
3)納品即検収ではなく「学習」が必須となる「AI」検査システムの場合、リリースしてからも継続的に手を入れる必要がある。一括売り切りの単なる設備投資ではなく、年額月額での継続契約が必要なことを理解いただけそうか。
4)適用するシーンにもよると思うが、単なる省人化以上の価値提供をできれば、どの程度の価格感で使っていただけるものか。
5)日系企業の場合検討期間が複数年かかるが外資系であれば判断が速いのか。

【提案時にご記載いただきたいこと】
相談内容にどの程度回答可能か。
可能であれば、どのような製品の検査に通じておられるか。
相談内容に記載したこと以外にも知見がおありであれば、
トータルで何時間くらいあれば全部お聞きすることができるか。
※スポットコンサルを複数回に分けて実施する場合は都度ご依頼をお出ししますのでご安心下さい。

【依頼主の情報】
異常検知系(主に検査)AIを自社開発して提供するDeepTechスタートアップです。
(基本特許は産総研の所有)
AI検査の仕様を標準化して、もっと多くの製造業で効果的に活用いただきたい。
提供する製品・サービスの最適化・標準化を進めるため生のUser'sVoiceをお聞きしたいです。

掲載日: 2020/01/22

この公募は、個人利用の依頼者による
セルフマッチング形式の案件です。
取引形式について
この公募の募集は終了しています。

もっと見る

よくあるご質問

Q. スポットコンサルの実施はいつ確定しますか?

A. 依頼者との個別の事前相談にて、実施日時・場所・方法が決まり、依頼者が決済をした時点となります。
  日時などが決まり次第、依頼者に決済を依頼してください。

Q. 謝礼はいつ、どのように受け取ることができますか?

A. 完了報告日の翌月末に、ビザスクから指定の口座へお支払いします。

その他の公募案件

もっと見る