氏名:非公開

大野経営コンサルティング / 代表

東京都千代田区丸の内

こんなことお話できます

株式会社リクルートにおける資金調達、資本政策、株式公開についてお話できます

・法務部 ー資本政策において、株式公開前の資本政策上の施策を実行。特に当社資本政策上の肝である社員持株会を担当し、経営上大きな意思決定を伴う施策を実行した。 ー株主総会において、Q&A作成に従事。 ーM&A案件では、事業売却案件に従事し、契約交渉など、弁護士をハンドリングしながら案件推進を行った。 ー人事労務案件も担当し、複数の懲戒案件に関与。これまで経験してきたコーポレートファイナンス・資本政策とは畑違いの業務を担当し、仕事の幅が広がった。 ーまた、業務の合間を縫って中小企業診断士の資格勉強を行い、一次・二次ともにストレートで合格(ストレート合格するのは、受験者中4-5%)。 ・財務部 ー金融機関との渉外活動・IR全般を担当し、資本政策・資金調達に従事。 ー資金調達では、大型M&Aに伴う資金調達として、1500億円のシンジケーションをとりまとめた。金融機関との交渉を一手に取りまとめ、結果として、超低スプレッドでの組成に成功。またコミットメントラインも数回にわたり組成を経験。 ー資本政策では、数年で当社株式の相当程度を金融機関・事業会社に売却するという大プロジェクトを推進、成功した。その過程で、先方担当者と強固なリレーションを築き、先方社内で意思決定がしやすいような情報提供や動き方を経験。社会人として大きな糧となった。 ーIRについては、金融機関・法人株主に対する決算説明を数百回に及び実施。また事業報告作成・株主総会スライド作成などを担当。 ーまたリクルート社の企業価値算定作業を担当。会計士と相談しながら、理論上無理のない範囲でターゲット価格を目指すというプロセスを経験。 ー主に社内営業部門に対し、財務分析セミナーを実施。本社のみならず全国の支社でも開催し、各2時間・計50回程度の初心者向けセミナーの講義を行ってきた。対話型のセミナーで高い評価を受け、リピーターも多い。法務部異動後も継続的に実施してきた。 2005年1月~2011年6月 財務部 2011年7月~2015年7月 法務部 2015年秋 大野経営コンサルティング設立株式会社リクルート財務部・法務部のプロフェッショナルとして、金融機関や株主、会計士や弁護士などと交渉・協議をしながら経営課題の解決に尽力してきた。

IR

25000

日本興業銀行、みずほコーポレート銀行、みずほ銀行における融資営業の経験に基づき、企業の資金調達についてお話できます

・銀行員時代を通じて、もっぱら大企業・中堅企業向けの法人営業を担当。 ・入行2年目に、金利上昇リスクヘッジデリバティブを粘り強く提案し、大型案件を受注。駆け出しの営業マンとして、大きな自信につながる案件だった。 ・それ以降、デリバティブ・シンジケートローン等の提案営業を行い、クライアントから高い評価を受けた。目先の収益よりも、そのクライアントが将来に渡り繁栄できるような提案を行うことを心がけた。2002年には、営業実績が評価され、みずほ銀行アワードを受賞。 ・その後、入行6年目にして本店営業部に異動(当時、興銀入行同期で3番目のスピード)し、電機業界の大企業を担当。 ・この間、証券アナリストの資格を取得。 1998年3月京都大学経済学部卒業 1998年4月日本興業銀行入行 以後、みずほ銀行、みずほコーポレート銀行を経て 2004年12月退社日本興業銀行入行、みずほ銀行、みずほコーポレート銀行において、中堅企業から大企業まで融資に関する営業業務に従事本店営業部と支店の営業マンとして、重要顧客を担当し、取引深耕に努めた。入行2年目に、金利上昇リスクヘッジデリバティブを粘り強く提案し、大型案件を受注。駆け出しの営業マンとして、大きな自信につながる案件だった。 それ以降、デリバティブ・シンジケートローン等の提案営業を行い、クライアントから高い評価を受けた。目先の収益よりも、そのクライアントが将来に渡り繁栄できるような提案を行うことを心がけた。2002年には、営業実績が評価され、みずほ銀行アワードを受賞。企業の悩み事は、売上拡大、人材育成、資金繰りの3つにおおむね集約される。なかでも、対金融機関の交渉業務に苦労されている企業は多い。金融機関とお付き合いするには、彼らの行動特性や考え方、こだわりのポイントなどを理解する必要がある。金融機関と良い関係を築き、企業を成長させたい経営者の方、現場で苦労されている財務部の方に対し、ご支援させていただきたい。

資金調達/資本政策

25000


自己紹介

・新卒で株式会社日本興業銀行に入行し、営業を経験。その後、株式会社リクルートにおいて財務・法務領域で大きな資本政策上の課題解決に尽力。株式公開という大プロジェクトも経験。
・営業・財務(会計)・法務という専門領域において幅広い知見を有している。一つの領域からの視点にとらわれることなく、高い経営者視点から物事を判断することができる。
・資本政策の遂行を通じ、ビッグプロジェクトほど人と人との信頼関係が重要ということを学んだ。Give、Give、Giveを繰り返し、最後にTakeするような関係性を構築してきた。
・社内で行ってきたセミナーにおいて、初心者に対して、財務諸表に対する興味関心を喚起し、楽しく学べる機会を提供してきた。
・2015年に大野経営コンサルティングを設立し、コンサルティング活動を開始。
・2017年より、産業能率大学大学院にて、コーポレートファイナンス論を担当。


職歴 / 学歴

  • 2015/10

    大野経営コンサルティング /代表

    2015/10 継続中

  • 2005/1

    リクルート

    2005/1 2015/9

  • 1998/4

    日本興業銀行(現みずほ銀行)

    1998/4 2004/12

  • 1994/4

    京都大学

    1994/4 1998/3