氏名:非公開

すくはらデザイン / 代表 ブランディングデザイナー

東京都世田谷区

こんなことお話できます


自己紹介

美術大学でグラフィックデザインコースを専攻、卒業。
専門的にコンピューターでの表現を研究するため、同大学の美術科 美術専攻科へ進学、修了。
大学で製作したコンピューターグラフィックの絵本作品は、卒業制作展で賞を頂き、大学で買取って頂く。また、ストップモーションアニメーション(立体アニメーション)も特別賞を受賞。
その他、学生の頃製作した作品は、東京の画廊のイベントなどでも作品を購入していただく。



在学時には、デザイン制作だけではなく、イラスト製作、絵本制作、ストップモーションアニメーション制作など、「物語」を題材にした作品を多く制作。


卒業後はデザイン会社に入社。
約5年、デザイン事務所で印刷媒体のグラフィックデザイン製作を中心に、オペーレーションからイラスト制作、デザイン製作、企画立案、アートディレクションまでを行い、2005年に独立。フリーランスのグラフィックデザイナーとして活動を開始。



● 洋菓子店様、製パン会社様
● 精密機器、製造販売の会社様
● ペット用品 開発、販売会社様
● マンションの販売の会社様 など



男性デザイナーでは表現が難しい、女性的であたたかく、柔らかい表現やどんな方にもわかりやすいデザインを求めているクライアント様からご依頼を頂くことが多い。
また、商品のやクライアントの物語性を見いだし、それに合わせたブランディングやイメージ製作を得意とする。



制作させていただく内容は幅広く、



●ポスター ●パンフレット ●ロゴデザイン ●WEB制作 ●パッケージ制作 ●展示会用POP ●チラシ、名刺の制作 ●百貨店などのディスプレイ など、トータルでブランディングデザインを行う。



長年の制作経験より、クライアント様の要望や目標をエンドユーザーにわかりやすく伝えるためには、「デザインやブランディングには『物語性』が必要」ということを実感し、開発の方は「あたりまえ」だと思っているような商品の特徴を明確にし、物語性を持たせていくインタビューができるように、昔から興味のあったカウンセリングを学ぶようになる。



また、通常のデザイナーではほとんど学ばない「集客」や「マーケテイング」についても積極的に学び、デザイン制作と同時に、媒体の選択や魅せ方の提案もさせていただいている。


職歴 / 学歴

  • 2005/1

    すくはらデザイン /代表 ブランディングデザイナー

    2005/1 在職中