氏名:非公開

朝日食品工業 神奈川工場 / 社員

Sagamihara-shi, Kanagawa, Japan

こんなことお話できます

自動車部品業界やソフトウエア業界、豆腐製造業界における原価計算や管理会計、機会損失、PDCA、QMS、資産内製についてお話できます

ISO9001に基ずく品質マネジメントシステムの事務局、 経理部門における日々の資金繰管理の経験などあります。 現在は豆腐製造メーカーの製造現場において、 製造オペレーターと配管洗浄工程の管理をしております。 一般的な経理系の資格として、簿記は3級までしか持っていませんが、 簿記2級との差は、主に原価計算かと思われますので、 私の経験からするとほぼ簿記2級相当と思われます。 1990年頃から現在に至るまで、直接的、間接的にコストリダクション関係の仕事に関わっています。ISO9001の管理者経験もあります。コアスキルはIE(インダストリアルエンジニアリング)です。橋本フォーミング工業(現ファルテック)株式会社アプリックス、株式会社アサヒコ主に経理、総務関係の課長クラスを担当しておりました株式会社アプリックスにおいて、ソフトウエアの原価計算の仕組みを構築した点が一番の成果かと思います。人件費だけでなく、パッケージの材料原価も考慮して構築しました。繰り返し生産する製品の原価や損益は把握しやすいのですが、同時に活動している工機部門(メンテナンス部門)の成果物をどう計算するか、どう製品に関連させるのかがポイントかと思います。製造機械を企業内で内製化した場合に、部門別のコストを正確に把握していないと、判断を誤る結果になります。いわゆる配賦コストの誤認識です。どの会社でもその部分は曖昧にしているケースが多いですが、いわゆるABC(アクティビティベースドコスティング)の考え方を基本にすると解決できます。これは建設業界にも適用できるかと思います。

自動車部品

15000


自己紹介

1962年7月7日生まれの森明徳と申します、
あだ名やニックネームは、meitokuと呼ばれることが多いです。



仕事を初めてすぐの頃はストップウォッチを持って製造現場を駆けずり回り、
工程改善に奔走しておりました。主に加工費の改善です。



その後ステップアップして加工費以外のゾーンの知識を蓄え、
原価関係の仕事を中心にしておりましたが、



一般的な経理業務もこなすようになり、総務関係の仕事もしてました。



現在は物作りの現場において、日夜コストリダクションとの戦いの
日々です。


職歴 / 学歴

  • 2015/7

    朝日食品工業 神奈川工場 /社員

    2015/7 継続中

  • 2006/7

    ホーム食品(株) /社員

    2006/7 2015/6

  • 1999/1

    株式会社アプリックス /経理

    1999/1 2003/1

  • Nihon Bunka University

  • 日大明誠